人気ブログランキング |

Do The Hustle! ── I put a spell on you.

c0109850_14004325.jpg

「死ね」と思う。「死ね」と強く思う。「死ね」と願う。「死ね」と強く願う。「死ね」と口にする。「死ね」と記す。「むごたらしく死ね」と口にする。「むごたらしく死ね」と記す。呪いの作業のはじまりだ。この段階で大方は死ぬか死の淵にいるか死に魅入られている。そして、ほどなく、もがき苦しみ、のたうちまわり、むごたらしく死ぬ。死なないときは殺しにいく。ひとを呪わば穴ふたつ? 埋めればいいだけの話だ。触らぬ神に祟りなし? 触らなくても触られる。蝋燭の炎は容赦なく吹き消される。髑髏旗は翻る。砂時計のしるしは「残り時間は少ないぞ」と迫る。

I put a spell on you. 呪ってやる。末代までも呪ってやる。

なぜもっと怒らない。呪わない。和解も和睦もないことになぜ気づかない。やられたらやりかえせ。10倍100倍100万倍にしてやりかえせ。呪う相手の一族郎党親類縁者皆殺しにしろ。まずの手始めは北の国からだ。

「復讐の連鎖の不毛」などという甘っちょろいたわ言に耳を貸すな。飽きもせずに来る日も来る日も甘っちょろいたわ言をほざく脳内に平行植物が繁茂し、尾行類が闊歩する経験の「け」の字も知らぬポンコツボンクラヘッポコスカタン木偶の坊腰抜け腑抜けどもに任せておけ。もうきれいごとはたくさんだ。反吐が出る。

c0109850_13483362.jpg

I put a spell on you - Nina Simone (1964)
 
by enzo_morinari | 2018-09-05 14:01 | 呪われた夜を超えて | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29726273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 近所の「角の加藤のふつうのそば... 放蕩息子の帰還/志ん生に入門か... >>