人気ブログランキング |

咲く花もあり。盛る花もあり。残る花もあり。散る花もあり。

c0109850_17254531.jpg

またぞろ、花にまつわることにもかかわらず、身も蓋も浮かぶ瀬も華もないお話にならぬ鼻白むポンコツボンクラヘッポコスカタン野暮天/谷保天満宮の境内で蹴鞠セパタクローの鞠にして蹴りとばし、踏みつぶしたくなるような輩の御登場/お成りお成りである。朝日ににほふ山桜花の心を1mmも持たない唐物の輩だ。

神奈川県花き・植木振興地域協議会所属の花栽培農家で生け花作家である者が「真夏に開催される2020年東京五輪・パラリンピックを桜で彩りたい」と研究に取りくんで早咲き品種のトウカイザクラを満開にさせる実験に成功したというのだ。花で大儲けしようという銭ゲバナ一味の悪だくみに余念のない寄り合い所帯のポンコツボンクラヘッポコスカタン木偶の坊どもが華のないことをやりやがったものだ。華がない鼻まがり猫またぎのコンコンチキチキ・マシーン大レースもいいところである。身も蓋も雄しべも雌しべもないとはこのことだ。河津桜の石碑の前で両手に水満杯のバケツを持って立ちんぼしてやうやう白くなりゆく山際が少し明かるくなって紫だちたる雲の細くたなびくまで碑文を100回でも200回でも読めてんだ。

真夏に桜が咲いたからなんだてんだ? 真夏に咲く桜? それってうめえのか? ちったあ腹がふくれるのか? 花より団子も棚から牡丹餅もクソ田舎の尻軽ピンボケ女の御担当ときたもんだ。真夏に桜吹雪を見るたあ貧乏長屋の貧乏花見も花見酒とたくあんの飲みすぎ食いすぎの勢いで貧乏長屋の貧乏人総出で大山詣りに行って毛がなくて無病息災寿手練経、おにょにょご津波のおっきゃらまあの酢豆腐自慢は夢のまた夢芝浜の夢てえ寸法になっちまうてんだ。いってえぜんてえどういう料簡だ! 秘すれば花てえ言葉を知らねえか! 大方、穀つぶし亡国の輩/木っ端役人の肝いりで「補助金」「交付金」名目で血税をじゃぶじゃぶ投入してのことだろう。反吐が出る。

咲く花もあり。盛る花もあり。残る花もあり。散る花もあり。秘すれば花。やはり野に置け蓮華草。春の初めに芽吹き、春の盛りに満開となり、春の終わりとともに散る。それが風流、粋というものだ。『いきの構造』の無粋九鬼周造もスイスイスーダララッタスラスラスイスイと尻尾を巻いて退散しちまうような箸にも棒にもかからねえ風が吹けば消えてなくなっちまうようなアンポンタン/いざとなれば風を食らって逃げちまえばいいような瘋癲/野暮天ばかりが幅を利かす国であることだ。カラスミ・サンドをむさぼり食いながら、お花見ピンクちゃんと鯔背に乗って旅に出たいような紀文のはんぺん気分である。

珍野苦沙弥先生虎皮下。

(おじゃんは鳴らない。火焔太鼓のお成りお成り)
 
by enzo_morinari | 2018-08-18 17:26 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29694375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fideal at 2018-08-18 19:18
三木成夫氏が、植物について「食の相」「性の相」とおっしゃっていて、四季を通して芽吹き、花を咲かせ、実をつけるという一定のリズムを説いていました。
一方、人間はというと、いつも「性の相」みたいなものですが、それを植物にまで押し付けようとしているのでしょうか。
Commented by enzo_morinari at 2018-08-19 23:40
>>ルーインズ・マン
動植物について、いじるんじゃねえよ。手出し口出しするんじゃねえよというのがあるんですね。勘ちがいしてんなよと。何様だよと。遺伝子を他の生物や異種の細胞に移すトランスジェニックなんかとんでもねえぞと。サルでもマウスでもクラゲでもブタでもウシでもいじんじゃねえよと。それで癌の特効薬ができようが医療技術の進歩があろうが知ったこっちゃねえよと。死ねよと。

もうここまで世界を好き放題やり放題にいじくりまわしちゃったら、あとは滅びしかないと思うんですね。完全崩壊/完全絶滅の閾値までもうすぐだぞってことですね。AIDSやエボラ出血熱やペストなんかかわいいレベルのとてつもない感染症の病原体/病原菌が突如として出現してパンデミック&パニックが起こる。ものすごいレベルのアウトブレイクで。

種としての人類が絶滅しようが地球にとっては屁でもない。人類が絶滅したってだからどうした八百屋の五郎ってことです。あと20年もしないうちに社会インフラが経年劣化で世界中でいっきに崩壊するわけだし、まあ、年貢の納めどきってことですね。

動物性/植物性を考えるときに移動/定着というターム重要ですけども、身近なところで言うと男性性/女性性について解読しなきゃならないんだけども、上野千鶴子のようなけたたましい輩のせいでジェンダー/トランスジェンダーについて口にすることがある種のタブーになっちゃった。これ、すごくおかしなことだと思うんですね。LGBT全般が禁忌になっちゃった。不幸なことだし、日本社会をますますつまらないものにした。硬直と退屈と。あと、幼形成熟/幼態成熟(Neoteny)も視野に入れて「性」をグリップしなきゃいけないんですけどね。

まあ、そんなこんなで「咲く花もあり。盛る花もあり。残る花もあり。散る花もあり」ってことです。hanahanahana.
<< 『歌う樽犬のための弦楽四重奏』... STREET4LIFE#7 S... >>