人気ブログランキング |

Fleur-de-Tate/盾の華 タテの作法#1

 
c0109850_167158.jpg

 
れより「タテの作法」を開陳する。
? 「上から目線」ですがなにか?
なめではなく、タテあるいは盾。
こではない場所へ。あそこの奥へ。
うの昔に死んだ子の齢を数えろ。
たらめにも三分の理があるのだ。
いかげんな奴ほど計算ずくである。
い人ぶっている奴ほど腹黒いものだ。
んきな父さんの会社はあした倒産だ。
あちゃん暇で「イイネ押し」に大忙し。
ってかくの如く本日も天下太平楽也。


矛盾を求めて生きてきたことである。
解をえることの少ない人生であった。
かし、後悔などなにひとつないのだ。
んでばらばらな真理を統合すること。
いの中にこそ真実が潜んでいること。
まり、きれいごとでは辿り着けぬこと。
まに答えを求めて風に吹かれてみる。
ころが、風は答えなど孕んでいない。
うして風を思うことでなにも思わない。
くでもないまやかしどもと遠く離れて。
くのぼうどもに視えない銃口を突きつけて。
のど真ん中に視えない銃弾を撃ちこんで。
じめから勝ち目がないのはわかっていた。
てくされて足許の石を蹴ったら意志に当った。
やしさを拳に握りしめて撃つべし! 撃つべし!
ーニンは大衆を愛し、軽蔑し、憎悪した。
にごとをも信頼し、すべてを懐疑した。
まからでも遅くはない。無駄な抵抗を試みよ。
 
by enzo_morinari | 2014-05-17 16:07 | Fleur-de-Tate | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/22130098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Fleur-de-Tate/盾... 12年前の2ちゃんねるのあるス... >>