人気ブログランキング |

切り裂きバロウズ#3 奇妙な味の南国果実を賭けて第二次世界大戦のエース・パイロットと戦う

 
c0109850_11121030.jpg

 
ロアルド・ダール劇場でイヨネスコの『瘤』へのオマージュを見てから全共闘Cことゴミアクタ・マサヒコを踏みつぶし、第二次世界大戦のエース・パイロットだった老人と「奇妙な味の南国のフルーツ」を賭けてポーカー・ゲームをやって散々な目に遭った週末の出来事の話だ。


悪辣きわまりない湯気をあげるカット・アップされた42オンスのTボーン・ステーキをカミソリのごとき切れ味のナイフでど真ん中から切り分けると、地獄の釜で煮立てたような肉汁の香りが猛烈な勢いで立ちのぼってきた。めまいがしそうなほど濃密なにおいだった。実際に激しいめまいがし、同時に数日前の出来事があざやかによみがえった。「第二次世界大戦のエース・パイロット」というふれこみで紹介された老人にポーカー・ゲームで散々な目に遭った週末の出来事が。

落成記念公演中のロアルド・ダール劇場で丹古母鬼馬二が極秘裡に出演していたウジェーヌ・イヨネスコの『瘤』へのオマージュの壮絶なアングラ劇を見終え、舞台監督/演出家/脚本家にして学生結婚自慢野郎の全共闘Cことゴミアクタ・マサヒコを切り裂きバロウズ、J-M-P-Dことプイグのウタダ・オートマティックな取扱説明書男とともに文武両道軒・三島由紀夫の敵討ちがわりにさんざっぱら踏みつぶして大いに溜飲を下げた。そして、愚か者どもの罵声で騒然とするロビーで、切り裂きバロウズから「第二次世界大戦のエース・パイロット」というふれこみで一人の老人を紹介された。その老人は指揮者のエフゲニー・アレクサンドロヴィチ・ムラヴィンスキーに驚くほどよく似ていた。

長身痩躯。青白い貌とおぼろに揺れる瞳。世界の森羅万象を見抜き、射抜く猜疑心の塊りのような金壺眼。老人に見つめられると背筋が凍りついた。実際に右の第5肋骨のあたりが凍ってぺきぺきと音を立てた。

老人はドライケーキの銀座ウエストのウェイトレスのおねいちゃんの尻を熟練の手つきで撫でまわしながら、「奇妙な味の南国フルーツ」を賭けることを提案した。ポーカー・ゲームで。

今から思えば、ドライケーキの銀座ウエストでオスカー・ピーターソンの『In Tune』などをリクエストしたのがそもそものまちがいだった。夏の気配を孕んだ春の盛りにオスカー・ピーターソンの『In Tune』を聴く凡庸をこそ恥じるべきだ。しかも、ドライケーキの銀座ウエストで。アンナミラーズでならまだしも。あるいは神宮前Wine Vin Vinoでなら。問題の核心はそこにある。
 
by enzo_morinari | 2014-05-12 11:12 | 切り裂きバロウズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/22110346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< プールサイド畸譚#1 プールサ... 虚空 ── 生命、宇宙、そして... >>