人気ブログランキング |

東京地検特捜部 旧東京電力の経営陣と電事連幹部を一斉検挙へ

 
c0109850_12124238.jpg

 
ある冬の夕暮れどき。隅田川っぱたブルー・テント仮設集合住宅前広場。三人の男が萎びてどす黒く変色した福島産朝採れきゅうりをかじりながら、放射能がれきが勢いよく燃えさかる焚火を囲んでいる。焚火には縁がかけて薄汚れた土鍋がかかっている。土鍋の中身は『駒形どぜう』のゴミ捨て場から頂戴してきたセシウムたっぷりのどじょうと絶滅危惧種に指定目前のカスミガセキシロアリだ。味つけは嫉妬と猜疑と勘ちがいと傲岸不遜と知ったかぶりと善人ぶりとによって熟成されたインチキ・ハンドメイドの色は白いが中身は真っ黒けっけ似而非味噌である。関東地方ではサワラ味噌ともいう。見た目、表面上はいいが中身と腹は真っ黒けという意味だ。(なにを食べてもおいしいおいしい、なにを見てもきれいかわいい、なにに対してもありがとうありがとう、ありがたいありがたい。しかし、その実、腹の中では「ちっ! だりーんだよ。うっとうしい。オラオラ、あたしにもっと額突きな。へえこらしな! あたしだけが気持ちよくて、あたしとあたしの家族だけがしあわせならそれでいいんだよ!」という具合。あんたが一番鬱陶しいんだよ、羊頭狗肉婆さん。どこぞからコピペしてるのはバレバレなんだよ、原書原典を読んでもいないくせに鰤の照り焼きしやがって!)
1人目の男は野田内閣倒閣運動の先頭に立ち、消費税増税法案に子分ともども反対票を投じて民主党を除名され、次の総選挙に無所属で立候補したものの落選した壊し屋・小沢一郎。
2人目はクーデターでダーティー・ハンド亀井静香を国民新党代表の座から引きずりおろした挙句に追放し、自ら代表となって野田政権との連立を維持、消費税増税法案成立に尽力したものの、やはり落選して議員センセイの椅子から転げ落ちた陣笠風見鶏・下地幹郎。
そして、3人目は持病である糖尿病と痛風と高血圧と歯周病が悪化して痩せ細った不退転の決意財務省勝英二郎(千年に一人の大食わせ者元事務次官)の操り人形こと、元内閣総理大臣/元国会議員の木偶の坊顔面土左衛門・野田佳彦。まわりを見渡せば、それまで這いつくばらせていた天下り先から石持て鞭打たれて裸同然で追放され、いまやプータローとなった元キャリアの木っ端役人どもが亡霊のような御面相を寄せ合って「隅田川っぱたになにか利権はないか」と実現の道筋なき空虚な悪だくみに精を出している。
駒形橋を虚偽の会の宣伝カーが大音量で「国家公務員法・地方公務員法・演技性人格障害者福祉法の剽窃偽装改正」と「脱原発脱広島国民投票」を呼びかけつつ走り去る。一陣の風が吹き、野田の足元に因果応報、風前の灯となった産經新聞朝刊がまとわりついた。1面の見出しが野田の目に飛び込む。

佐村河内守内閣、国家公務員法並びに地方公務員法改正案提出 全公務員の身分保障廃止へ
独立行政法人改革法案の骨子かたまる 独立行政法人全廃へ
東京地検特捜部 旧東京電力の経営陣と電事連幹部を一斉検挙


ひと際、北風が強くなった。北の将軍様のミサイル花火がひっきりなしに飛び交っている。支那のステルス型偵察機は我が物顔で「東京上空いらっしゃいませ」だ。3人の男の目に光はひとかけらもない。街の灯はどこにも見えない。千代田区内幸町の旧東京電力本店跡地の競売入札期限が3日後に迫っている。
 
by enzo_morinari | 2014-02-20 12:13 | Poisson d'avril | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/21701790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 調性音楽ぎらいの耳がきこえる聾... 超現代語訳 般若心経 >>