人気ブログランキング |

超現代語訳 般若心経

 
c0109850_15303322.jpg

 
超スゲェ気持ちが楽になる方法を知りたいかい?
教えてやんよ。誰でも気分よく生きる方法のヒントだぜ。
力を抜くんだよ。心も体もな。そんで、胸いっぱいに空気を吸う。
めしを腹いっぱい喰う。寝る。遊ぶ。どうよ? 簡単なことだろう?
苦しみもつらさもすべてはいいからかげんな幻だ。安心しな。

この世は空しいもんだ。人間も世界も宇宙も空っぽだ。
痛みも悲しみも最初から空っぽのスッカラカンなのさ。
この世は移ろい変わりゆくもんだ。有為転変てんだ。
苦を楽に変えることだってできる。その逆もだ。
汚れることもありゃあ、背負いこむことだってある。
だから、抱えこんだもんを捨てちまうこともできるはずだ。

この世がどんだけいいからかげんかわかるかい?
苦しみとか病とか、そんなもんにこだわるなよ。
見えてるものにこだわるな。聞こえるものにしがみつくな。
味や香りなんてのは人それぞれだろ? なんのあてにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわってちゃダメだぜ。それがってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。つらいものを見ないようにするのはできない相談だ。
でもよ。そんなもん、その場に置いてっちまえよ。

先のことは誰にも見えやしねぇ。無理して照らそうとしなくていいのさ。
見えないことを愉しめばいいんだよ。それが生きてる実感ってヤツさ。
正しく生きるのは確かにむずかしいかもな。
でもよ。明るく気分よく生きるのは誰にだってできるんだよ。

菩薩として生きるコツってもんがあるんだ。
苦しんで生きる必要なんてねえよ。愉しんで生きる菩薩になれよ。
まったく恐れを知らなくなったらロクなことにならねえんだ。
適度な恐怖だって生きていくのにゃ役立つもんさ。

勘ちがいすんなよ。非情になれって言ってるんじゃねえんだ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな。それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方はなにも変わりゃしねえ。ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもホトケになれるってこったな。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。
意味なんて知らなくていい。細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったら、それで上等ってもんだろ?

嘘もデタラメもすべて認めちまえば苦しみはなくなる。そういうもんなのさ。
今までの前置きは全部忘れてもいいぜ。でも、これだけは覚えとけ。
気が向いたら呟いてみろ。心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。
いいか? 耳かっぽじってよく聞けよ。

唱えよ。
心は消え、魂は静まり、すべては此処にあり、すべてを越えたものなり。
悟りはそのときにかなうだろう。すべてはこの真言に成就する。



オーケイ。心配すんな。なにも心配しなくていい。大丈夫だ。

c0109850_20404297.jpg

 
by enzo_morinari | 2014-02-19 15:30 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/21696644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rumiyoko at 2014-02-19 20:19 x
ただ自分の本当の楽しみの為めに本を読め、
生きろ、恨むな、悲しむな。
空(くう)の上に空(くう)を建てるな。
思い煩ふな。
かの昔の青い陶の器の
地の底に埋れながら青い色で居るー
楽しめ、その陶の器の
青い「無名」、青い「沈黙」。

木下杢太郎(それが一体何になる)

この詩を紹介した詩人の長田弘さんは、「日々に流されるもののかなたではなく、日々にとどまるもののうえに、自分の時間としての人生というものの秘密はさりげなく顕われると思う」と述べています。

瞬間の記憶、一瞬の閃き、般若心経が真言の音楽として永遠に語り継がれることを切に願ってやみません。この短い真言の中に宇宙を内包している、こんな詩をいつか書きたいものです。
<< 東京地検特捜部 旧東京電力の経... 人生の景色が少しだけ良くなる歌... >>