人気ブログランキング |

オリノコ河に浮かんだら#1

 
オリノコ河に浮かんだら#1_c0109850_11494724.jpg
 
「世界中にあるインカコーラのあらかたを飲みつくして、オリノコ河に丸2日浮かぶことができたら、いつ死んでもいい」とフミノは言ってから歯列矯正真っ盛りの口の中を剥き出しにした。強烈な歯列矯正の分を差し引いてもフミノは十分に美しかったし、風変わりだけれどもこちらの心を浮き立たせてくれるだけの知性と教養と閃きを備えてもいた。フミノのような人物は1990年世界においてはとても貴重だったばかりでなく、21世紀の日本には存在しない。いまや、周りを見回しても知性と教養と閃きを備えた人物はいない。絶滅したのだ。そのことについては諦めざるをえない。

オリノコ河に浮かんだら#1_c0109850_12561527.jpg
 まったく。まったく世界は愚か者と恥知らずと想像力のかけらさえもない者ばかりになってしまった。フミノが言っていたとおり、世界中にあるインカコーラのあらかたを飲みつくして、オリノコ河に丸2日浮かぶことができたら、もういつ死んでもいい。フミノはそう言った半年後にもがき苦しみながら死んでしまった。彼女の父親とおなじ日に、おなじ病気で。大腸癌で。そんな偶然が本当にあるのかと不思議でならなくて、金沢一郎の弟子のドクター・シイオにたずねると、返ってきた答えは「ある。病いはときとしてシンクロナイズする」というものだった。そして、ドクター・シイオは付け加えた。
「"病いのシンクロナイズ"について共通しているタームはオリノコ河とインカコーラだ」
 聞きまちがえか空耳かと思ってドクター・シイオに聞き返した。
「オリノコ河とインカコーラって言った?」
「言ったよ。まちがいなく」
 このようにして、世界中にあるインカコーラのあらかたを飲みつくし、オリノコ河に丸2日浮かぶための日々が始まった。当面の問題は世界の至る所に在りて在る愚か者と恥知らずと想像力のかけらさえもない者をどう始末するかだ。Orinoco Flow - Enya

オリノコ河に浮かんだら#1_c0109850_12471847.jpg

 
by enzo_morinari | 2013-11-09 11:51 | オリノコ河に浮かんだら | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/20921858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-11-10 07:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzo_morinari at 2013-11-11 09:13
1週間の蝦夷地探検は「火の七日間」「オリノコ河浮かび遊び1Week」に匹敵する。裏声で吉里吉里国国歌を歌ひながら、水平線にグレナディンするテロリストとなって言葉の祖国に帰還してください。
<< 聖トーマス・アラン・ウェイツ・... 埴生の宿の夜はふけて#2 二度... >>