人気ブログランキング |

4θ4 Life Not Found#2 十万の十字架と幾千億の墓標と

 
c0109850_1054024.jpg

原発商人の日立製作所はリトアニアのエネルギー省と原子力発電所建設プロジェクトで合意し、着々と「死の商売」を進めている。強欲卑劣な輩のやることは実に徹底していて、いつも驚かされる。この際、「この木なんの木、キ印の木」とでも歌詞を替えろてんだ。

そうかと思えば、経団連会長の米倉弘昌はいい年をこいて「TPP, TPP」と鳥の囀りよろしくかまびすしい。どのツラを下げてと言いたくなるが、言ったところで蛙のツラにしょんべん、どうとでも好きにするがいい。くたばる前に、TPPのかわりに「PEACE, PEACE」と囀る殊勝を期待しても無理か。カザルス翁と米倉の強欲業突く張り爺さんとでは雲と糞ほどのちがいもあるわけだしな。

日立と住友。旧財閥系か。やることが念入りで手が込んでいて大胆不敵で厚顔無恥で陰湿陰険で悪質なのは当然だ。三井と三菱にしたところでやっていることは似たり寄ったりだろう。虫酸が走り、はらわたは煮えくり返るばかりだが、木っ端役人ともども、いずれ手痛いしっぺ返しがあるはずだ。

だいたいからして、この国の企業の「品格」は米倉の爺さんのいやしい御面相を見れば否が応でもわかろうというものだ。ベトナム戦争時、農薬・化学の世界最大手、「七つの大罪」企業であるモンサント社と手に手を取って米軍に「枯葉剤」を売り込んだ男が財界のトップとは恐れ入谷の鬼子母神だ。

神戸・長田出身、ゴム屋のせがれ、か。お里はとっくに知れてはいるが、悪魔に魂を売り渡したモンサントと『ラウンドアップ』なる猛毒農薬と遺伝子操作済みの種子をセットにした「遺伝子商売」でひと儲けを当て込んで平気の平佐で御懇ろとくれば、原発礼讃・東電擁護など朝めし前だろう。

米倉の爺さんがまともな根拠も示さずに「TPP断固推進」を声高あさましく連呼する理由は「遺伝子商売」にあったのだとわかれば、すべては合点がいく。モンサントとの共同出資子会社も設立済みだ。だが、ダイオキシンも放射能も遺伝子組み換えも真っ平御免だ。ルサンチマンはもっと別のところに向けるがよかろう。

c0109850_10544576.jpg

さて、リトアニアの首都・ビリニュスの郊外に奇妙な場所がある。周囲に人家はない。荒野の中心、小高い丘に無数の十字架が立っている。その数、十万。19世紀前半、ロシアへの蜂起のあとに死者たちを弔い鎮魂するための最初の十字架が立てられた。

1990年には五万だった。20年で倍増した。この丘は帝政ロシア、ソ連、ポーランド、ドイツなどの周辺の大国に翻弄され、蹂躙され、略奪され、無数無辜の死者を出したリトアニアの人々の聖地であり、憤怒と悲痛と祈りと嘆きの場所である。ソ連時代、十字架は重機で何度もなぎ倒され、焼き払われた。そのつど、リトアニアの人々は新たな十字架を立ててきた。十字架はいまも増えつづけている。十万の十字架と十万の死者と十万の魂。

c0109850_1055639.jpg

「ここは聖地ではない」とふと思う。圧倒的な死と深い沈黙と夥しい数の十字架が無秩序に折り重なった凄まじいまでの混沌。「聖地」などという言葉で片づけることはできない。十万の十字架で埋めつくされた遠い異国の光景が東北の地を覆う瓦礫の山と交錯し、いつかこの国で目にする光景と重なる。

再び十字架にかけられし者たち。リトアニアの十万の十字架とヒロシマ ─ ナガサキ ─ ロンゲラップ ─ チェルノブイリ ─ フクシマの墓標と隠蔽され忘れ去られなきものにされた不可視の墓標と、そして、その先に連なる幾千億の墓標を幻視すること。

「希望」やら「絆」やら「友愛」やら「雪隠/厠/便所紙/陰翳礼讃」の話はそのあとだ。
 
by enzo_morinari | 2013-09-04 10:56 | 4θ4 Life Not Found | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/20696244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chaiyachaiya at 2013-09-04 13:02
リトアニアの十字架のの群れ、マックス エルンスト の「雨後のヨーロッパ」を思い出しました。
<< セリアのスパイス・ボックスをピ... 異世界レストラン#3 ひときれのナン >>