人気ブログランキング |

ゆるゆる王国#1 ぼくらはきょうもゆるゆるに空っぽです。

 
c0109850_219587.jpg

 
 昼すぎ、暴走半島小湊からハコノリノリノリで意気揚々と遠征してきた勝海舟烈士が秘書の宍戸留美に申し付けて準備万端させた宍戸錠の失われた頬っぺたを机がわりに江戸城のオケツ会場の片隅でしたためた勝恵子の不倫の子の親権にかかる渾身真剣献身的な和解案である「カツレツ案」に基づいて管内の関内駅前にある勘内ビルヂングの館内放送で勝烈庵が戦艦三笠の艦内に出店する旨のゆるゆるアナウンスが流れたので、取るものもとりあえず偵察に向かったところが、三笠公園事務所にて勝烈庵の一件を問い合わせても「わかんない。わかんない。おれは稚内の出だからなんでもかんでもわかんない」の一点張り。一張羅のISSAY MIYAKEのカツレツ色のだっさいスーツを着た三笠公園事務所おやじのあまりにもなゆるゆるゆらゆらぶりにイライラしていたら、坂本慎太郎がむきだしのメイナード・ファーガソンを脇に抱えて戦艦三笠艦内に突入していった。

c0109850_2194435.jpg

 仕方ないので三笠公園脇の三笠会館別館の入口に聳え立つ全自動洗濯機付き自動販売機でキリン本搾りチューハイのカツレツ味を飲んだ。飲んだ途端に頭がゆるゆるゆらゆらしてきたので、その事態にあえて抵抗しないことに決めてなんとなく夢見心地にゆらゆらゆるゆる揺れながら歩いてやさしい動物たちといっしょに美しい語尾ライター妖精学校へ行ってきますです。

c0109850_2110791.jpg

 当分はまだ生きていると思います。こんなわたしはきっとスプートニクの恋人にふさわしい仮定された有機交流電灯のひとつの青い照明ひとつきりで宇宙を旅するひとりぼっちの人工衛星になることはできないんでしょう。だからカラダのために宝缶チューハイにあしたの朝こそ言ってやろうと思います。「おはよう。まだやろう。もっとやろう。ばかやろう」って。では、彼女のサソリに食いつかれたいたずら小僧の発光体を頼りに行ってきます。ゆるゆる。酩酊。迷彩。低迷。加納典明のバカカバチンドン屋おまえのカーちゃんデーベーソー。ムツゴロウの歯茎はノグチゴロー。

c0109850_1435631.jpg

 
by enzo_morinari | 2013-07-29 21:10 | ゆるゆる王国 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/20562434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< テンギャン・クマグス、漱石と鴎... 異世界レストラン#2 多世界解... >>