人気ブログランキング |

真言の音楽#15 ケルンの奇蹟/啓示、巫女、導き キース・ジャレット『The Köln Concert』

 
c0109850_844387.jpg

 
最初の5音。四分音符5個。たったそれだけで引きずり込まれる音楽が存在する。 E-M-M


キース・ジャレットの究極至高のパフォーマンス、『The Köln Concert』から38年が経った。1975年1月24日。私は16歳で、世界や人間を憎みはじめていて、西ドイツ・ケルン市の中心に位置するオペラ・ハウスの最前列から7番目、舞台に向かってやや左寄りのカビ臭い席に座っていた。左隣りの席では私が世界で一番憎んでいる男、生物学上の父親がチャーリー・パーカーのアドリブのように途切れることのない貧乏揺すりをしていた。
ところどころ綻び、色あせた緞帳がかすかに揺れていた。早い晩餐をすませた善男善女が三々五々集まってくる。徐々に緊張と興奮が増してくる。一瞬、場内がざわめき、そして静まり返る。その者は舞台の袖から姿を現すと、立ち止まることもなく軽く会釈したのみで、舞台中央、照明に照らされて神々しく輝くベーゼンドルファー・インペリアル290に向かう。
その者の名はキース・ジャレット。30歳。神の巫女の登場である。キース・ジャレットはゆっくりと両手を鍵盤の上に置き、眼をとじ、そして、彼の中に降りた神の言葉導きを音にした。最初の5音。四分音符5個。たったそれだけで引きずり込まれた。全4パート、総演奏時間66分4秒の伝説のインプロヴィゼーションの始まりであった。これ以上、記すことはない。その余はすべて蛇足である。以下はその蛇足だ。

キース・ジャレットの偉大さは神の啓示を受け、それを音楽という世界語によって表現できるところにこそある。キース・ジャレットが神の啓示を現実世界に音楽として表現するのを支えているのは古典音楽への深い理解とクラシック・ピアノのすぐれた技量だ。高度なクラッシック・ピアノの技術に支えられた運指、自在に織り交ぜられるカデンツァ、メロディを幾重にも折り重ねながら、かつて人類が耳にしたことのない領域へキース・ジャレットは軽々と駆けのぼり、聴く者を引き上げた。キース・ジャレットは『The Köln Concert』において、自己とピアノという「他者」を融合させることに成功したのだ。
『The Köln Concert』は希有の記録である。すでにして、『The Köln Concert』は伝説、神話のひとつになっているが、まだ完全には解読されていないというのが私の考えだ。完全に解読されるのがいったいいつになるのかはわからない。100年後か。200年後か。1000年後か。『The Köln Concert』に託された神の啓示が真に解読されたとき、『The Köln Concert』はさらに高い評価が与えられるようになるだろう。評価は讃美へと変わっているだろう。神の言葉と啓示を音楽にした記録として。音楽による福音として。もちろん、まだ世界があり、人間がいればの話だが。

人類が「録音」という音声記録のテクノロジーを手に入れてから、たかだか130年ほどしか経っていない。それまで音楽は「楽譜」によってしか記録することができなかった。J.S. バッハもモーツァルトもベートーベンもパガニーニもリストもチャイコフスキーも演奏者としてとてつもない技量を有していたことは容易に想像できるが、惜しむらくはわれわれが彼らの奏でた音楽を実際には聴けないということである。「音源」がないからだ。
われわれは幸福だ。キース・ジャレットのケルンの奇蹟、『The Köln Concert』をいつでも好きなときに好きな場所で聴くことができる時代に生きているのだから。CDでPCでiPadでiTunesでiPodで。
『The Köln Concert』を大脳辺縁系と魂に刻みつけたあとは、『Sun Bear Concert』を聴けばいい。大脳辺縁系と魂が静かに昂揚し、深化し、進化するはずだ。沈黙の響きとともに。ケルンの水の芳香とともに。
後日談だが、本来の弾きなれたスタインウェイ&サンズのピアノはケルン市内にはないために調達できず、やむなくベーゼンドルファーのピアノが手配された。しかし、このときの「ベーゼンドルファー・インペリアル290」は運送業者の手ちがいによって最悪のコンディションのものがコンサート会場に運び込まれていた。そのコンディションたるや、場末のバーのアップライト・ピアノに毛の生えたようなものだった。繊細な神経の持ち主であるキース・ジャレットには耐えがたかったことは容易に想像がつく。しかも、前夜、車による長旅でキース・ジャレットは一睡もしていなかった。まさに、神はキース・ジャレットに「奇蹟の前の試練」を与えたもうたのだった。


Keith Jarrett - The Köln Concert (1975)

Released: 1975
Recorded: January 24, 1975. Köln Opera House in Köln, Germany.
Genre: Jazz/Piano Solo/Free Improvisation
Length: 66:04
Label: ECM (ECM 1064/1065 *2LP)
Producer: Manfred Eicher

Tracking List
*All compositions by Keith Jarrett
1. "Part I" – 26:01
2. "Part IIa" – 14:54
3. "Part IIb" – 18:13
4. "Part IIc" – 6:56

Personnel
Keith Jarrett – piano

The Köln Concert - Keith Jarrett
 

私は芸術を信奉しない。私は芸術家ではない。私は音楽家ではない。私は人生を信じない。
私は自分がなにごとかを創造できる人間だと思っていない。しかし、創造の道は目指している。その意味で、私は創造の神を信ずる。『The Köln Concert』における私の演奏は、「私」という媒体を通じて創造の神から届けられたものであると考えている。なしうるかぎり、俗塵俗物の介入を防ぎ、純粋性を保った。こうした作業(創造ではなく、「作業」である)をした私はなんと呼ばれるベきであろうか。創造の神が私をどのように呼んでくださるのかを私は知らない。知ることは永遠にできないだろう。
K-J

c0109850_851054.jpg

 
by enzo_morinari | 2013-07-12 08:05 | 真言の音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/20492129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 土曜日のトモダチは房総半島の突... 真言の音楽#14 僕のうた、私... >>