人気ブログランキング |

真言の音楽#13 疲れ果てた男は帰ってきた。キース・ジャレット『The Melody At Night, With You』

 
c0109850_964652.jpg

 
疲れ果てた男は帰ってきた。そして、一音一音を抱きしめるように、頬ずりするように、慈しむように奏でた。

1996年、コンサートの最中に激しい疲労感に襲われたキース・ジャレットは音楽家としてのすべての活動を停止し、その後2年にわたって「慢性疲労症候群」という原因不明の病いとの壮絶な格闘の日々を送った。

疲れ果てた男は帰ってきた。そして、一音一音を抱きしめるように、頬ずりするように、慈しむように奏でた。キース・ジャレットが2年の「沈黙」のあいだに『The Melody At Night, With You』中のすべての曲を数えきれぬほど演奏したにちがいないことがわかった。繰り返し繰り返し奏でることで、キース・ジャレットは疲れ果て、傷ついたみずからの魂を解放したのであることに思いいたったとき、ふるえるような感動に包まれた。

キース・ジャレットの『The Melody At Night, With You』。これほど静かに魂を揺さぶり、温め、やさしい音楽を私はほかに知らない。『The Melody At Night, With You』は、生きつづけようという意志があるかぎりにおいて、世界はささやかではあってもなにかしらの「やさしさ」を孕んでいることを私に教えた。

*5曲目の『My Wild Irish Rose』は困憊のキース・ジャレットを献身的に支えつづけた愛妻のローズアンに捧げられている。


Keith Jarrett - The Melody At Night, With You (1999)

Released: October 14, 1999
Recorded: 1998 Cavelight Studio, New Jersey
Genre: Jazz/Piano Solo
Length: 55:13
Label: ECM(ECM 1675)
Producer: Manfred Eicher, Keith Jarrett

Tracking List
1. "I Loves You, Porgy" (George Gershwin, Ira Gershwin, D. Heyward) - 5:50
2. "I Got It Bad (and That Ain't Good)" (Duke Ellington, P.F. Webster) - 7:10
3. "Don't Ever Leave Me" (Oscar Hammerstein II, Jerome Kern) - 2:47
4. "Someone to Watch over Me" (Gershwin, Gershwin) - 5:05
5. "My Wild Irish Rose" (Traditional) - 5:21
6. "Blame It on My Youth/Meditation" (E. Heyman, O. Levant/Jarrett) - 7:19
7. "Something to Remember You By" (H. Dietz, A. Schwartz) - 7:15
8. "Be My Love" (Nicholas Brodszky, Sammy Cahn) - 5:38
9. "Shenandoah" (Traditional) - 5:52
10. "I'm Through With Love" (Gus Kahn, F. Livingston, M. Malneck) - 2:56

Personnel
Keith Jarrett – piano, recording engineer

My Wild Irish Rose - Keith Jarrett


My Wild Irish Rose 作詞・作曲/Chauncy Olcott

If you listen, I'll sing you a sweet little song
Of a flower that's now drooped and dead:
Yes it's dearer to me, yes, than all of its mates,
Although each holds aloft its proud head.

'Twas given to me by a girl that I know,
Since we met, faith, I've know no repose.
She is dearer by far than the world's brightest star,
And I call her my wild Irish rose.

もしきみが聴いてくれるなら、君に可愛い歌を歌うよ
今は萎れて枯れ果ててしまった花のことを
そうとも。これは僕にはかけがえのない、そうだとも誰よりも
たとえお互いが誇り高く上を見上げているとしても

それはある知り合いの少女からもらったもの
二人が出会って以来、信念が揺らぐことはなかったけれども、心安らぐことはなかった
彼女は世界で最も輝く星よりも素晴らしく
僕は彼女をわがアイルランドの野バラと呼んだものだ

Chorus:
My wild Irish rose,
The sweetest flow'r that grows;
You may search ev'rywhere, but none can compare
With my wild Irish rose.

My wild Irish rose,
The dearest flow'r that grows;
And some day for my sake, she may let me take
The bloom from my wild Irish rose.

わがアイルランドの野バラよ
咲き誇る花々の中でもっとも可憐な花
どこを探しても、くらべるべきもののない
わがアイルランドの野バラ

わがアイルランドの野バラよ
咲き誇る花々の中でもっとも可憐な花
いつか僕の願いにこたえて、僕に摘みとらせてくれるのか
咲き誇るわがアイルランドの野バラを

They may sing of their roses which by one names
They could smell just as sweetly, they say;
But I know that my dear rose would never consent
To have that sweet name taken away.

Her glances are shy just whene'er I pass by
At the bower where my true love grows;
And my one wish has been that some day I may win
The dear heart of my wild Irish rose.

(to Chorus)
誰もがそれぞれの名前を持った彼らのバラを歌うだろう
その可憐さにふさわしい香りと彼らは讃える
しかし、僕の愛おしいバラは決して認めてくれない
その名前を奪うことを

彼女のまなざしは僕が通りすぎるたびにしとやかで
あのあずまやで僕の真実の愛は育まれ
そして僕のひとつだけの望みはいつか彼女をえること
愛おしいわがアイルランドの野バラを


*『My Wild Irish Rose/わがアイルランドの野バラ』は、若者に野バラを贈り、彼のもとを去った少女への思いを綴った歌である。
 
by enzo_morinari | 2013-07-11 09:07 | 真言の音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/20488030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 真言の音楽#14 僕のうた、私... 真言の音楽 不良するビル・エバ... >>