東京の午睡#1 序・前口上

 
c0109850_1271430.jpg

東京の午睡」と書いて「とうきょうのひるね」と読む。『東京の午睡』は東京に生きるわたくしの寝言やら独り言やら繰り言やら小言やら諫言やら暴言やら失言やら遺言やらを、できうれば「東京事(とうきょうごと)」乃至は「東京事態(とうきょうじたい)」を踏まえつつ、ほぼ自動書記で、ということはつまり、思うまま考えるまま感じるまま見たまま聴いたまま推敲やら加筆やら訂正やらなしに書き殴り、書き飛ばし、書き放ち、書き捨てといったかたちで記述される。風狂明快なることこのうえもない戯れ言遊びとなるはずである。

わたくしは東京の空気などいっさい読まぬし、わたくしの知ったことではないが、『東京の午睡』はグレート&ファックに汚れた東京の空気を思うぞんぶん吸いこんだうえの、ある種の「東京の現在」ともなろう。それはすなわち、「のっぴきならないわたくしの現在」をもあらわすものであって、永井荷風『シ墨東綺譚』を母とし、作者不詳『江戸午睡』を父とする。けっして、孤児ではない。

サブカルなど糞喰らえの立場はかわらぬし、堅持するが、否が応でもサブカル臭は漏れ出すに相違ない。サブカルチャーはもちろん、カウンターカルチャーさえ飲み込んで、ついには「トキオクールチュール」のとば口あたりまでたどり着けるならば望外の収穫である。さらには、これは些末なこだわりの類いであるけれども、東京「に」生きるほかに、東京「を」生きる、東京「で」生きる、東京「は」生きる、東京「の」生きる等々をも試みていく予定である。

いずれにしても、わたくしにとっては、「生きること」はすなわち「東京すること」でもあるから、当然に処世訓、人生論、人間学に加えて、政治論、経済論風なフレバも醸すことが予想される。その場合、「なんでもわかっているお見通し」な御仁は、さっさと、しかも、物静かに退場するがよかろう。以後は、『東京の午睡』が本欄の中心となっていく。(「ある事情」によって、今後、「小説」のスタイルをとっている類いのテクストを本欄で発表することができなくなってしまったことを、言い訳がましく付記しておく。いずれ、未完のテクストどもは、「別のかたち」で諸兄の目汚しの栄に浴すこともあろうが、それはそれで、ある種の風狂、御愛嬌である。もって、瞑すべし。)

『東京の午睡』は範を元禄の頃に世に出た『江戸午睡(えどごすい)』にとっている。作者不詳のこの戯作本は「匿名」の体裁をあえてとって、自由闊達、放埒自在に「江戸」の森羅万象を俎上に載せ、解体しまくり、調理調味しまくり、刺身にし、煮付けにし、唐揚げにし、炒め物にしといった具合に江戸を骨の髄まで味わい、しゃぶりつくしている。まさにアノニマス・ガーデンで時さえ忘れて無心に一心不乱に遊ぶ真の自由人、幼子のこころを『江戸午睡』の中にわたくしは読み取った。『江戸午睡』は当時、空前絶後のベストセラーとなり、ブーム後は長屋という長屋の路地、入口、ゴミ捨て場に、文字通り山のように積まれていたとモノの本にある。わが『東京の午睡』もまた、かくありたいものである。

なお、西沢一鳳の『皇都午睡(みやこのひるね)』は寡聞にして存在すら知らず、もちろん、読んだこともなく、このたび『東京の午睡』をはじめるにあたって、基礎資料の収集のために吉里吉里国国会図書館、東京帝國主義大學歴史文庫、早稲田圃大学演劇博物館ほかで江戸期の戯作本、黄表紙の類いを片っ端から読み飛ばしているうちに偶然発見した。発見したときは嬉しいやら悔しいやら、不思議な心持ちであった。西沢一鳳翁の慧眼に敬意を表しつつ、ゆっくりのんびりたっぷり天下太平楽に午睡のごとく朦朧茫漠茫洋としてすすめる次第である。


かくして、本日も東京は天下太平楽である。

c0109850_1273042.jpg

 
[PR]
# by enzo_morinari | 2012-01-01 00:00 | 東京の午睡 | Trackback

北の国の大地は揺れ、悲しみの海は盛り上がり、プルトンの城は溶け出す

 
マルスの月の昼下がりに北の国の大地は揺れ、悲しみの海は盛り上がり、プルトンの城は燃えて溶け出す
重金属の塊りのような大津波は北の国の街々を跡形もなく押し流し、人々の生活を根こそぎにするだろう
四つのプルトンの城は鳴動し、発熱し、大災厄を撒き散らし、水はニガヨモギのようににがくなるだろう
 
[PR]
# by enzo_morinari | 2007-03-11 14:46 | Inspirazione | Trackback

ユリウスの月にアヴォカドの娘はルンゴ・イソーラの軍港の館で愛情と平和のしるしを伐りとるだろう

 
ユリウスの月にアヴォカドの娘はルンゴ・イソーラの軍港の館で愛情と平和のしるしを伐りとるだろう
亡きジョルナーレの娘は深い悲しみのうちに沈み、我が友と若き義母はアヴォカドの元を離れるだろう
伐りとられた愛情と平和のしるしはリテラチューラの森を彷徨い、フォトグラフィアの涙を流すだろう
 
[PR]
# by enzo_morinari | 2004-07-26 20:06 | Inspirazione | Trackback

神宮前ストリート・バケーション#1-3

 
c0109850_11181682.jpg


東京は路地と廃墟と騒ぎと笑いと涙と痛みと怒りの街だ。


ホームレス・ソルジャー
渋谷道玄坂から神宮前へ。まともには行かない。路地があれば侵入する。廃墟があれば対峙する。騒ぎがあれば見物するか騒ぎに加わってさらに騒ぎを大きくする。笑っている者がいればいっしょに笑う。歌っている者がいればいっしょに歌う。食べている者がいればすぐ横で指をくわえるか涎を垂らすか分け前を要求するか横取りする。泣いている者がいればいっしょに泣くか涙をぬぐってやるかさらに泣かせるかする。痛みに顔を歪めている者がいれば介抱するか塩を塗りこむかさらに抉るかする。怒っている者がいれば怒りの理由をたずねてみるか理由などおかまいなしにさらに怒らせる。それが吾輩の神宮前ストリート・バケーションだ。

c0109850_11214974.jpg

宮下公園下をくぐり、明治通りに出る。野武士のごとき御面相のホームレス・ソルジャーに一瞥をくれてやる。腹のすわったいい面構えだ。テリトリーを示すのでもあるのか、膨大雑多な物件が植え込みに並べてある。中に真新しいキャップやスヌークなどのストリート系ものがいくつかある。黒地に白い刺繍で「STREET4LIFE」と縫いこまれたキャップを手に取る。ホームレス・ソルジャーがぎろりと吾輩を睨む。

「触るな」
「触られたくなけりゃ隠しとけ」
「ふん。おもしろそうな野郎だ。取って喰っちまいてえぜ」
「ふん。喰えるもんなら喰ってみな。おまえさんのやわな顎で俺様が噛み砕けるかな? おれの歯ごたえはちょいとばかりタフでクールでハードボイルドだぜ」
「気に入ったぜ。欲しけりゃくれてやる」
「おれは乞食じゃねえよ」
「おれもだ。人様に施しなんか受けない。おれは兵士だ。ストリートの兵士なんだ」
「こりゃ、たまげたぜ! 極楽とんぼばかりだと思ってた東京に兵士がいるとはな!」
「ホームレス・ソルジャーと呼ぶがいいさ」
「それならおれはストリート・ソルジャーだ」
「ほっほっほ! ますますおもしろい野郎だ」
「どうだ? これから花見と洒落こまねえか?」
「花見? どこもかしこも腑抜けどもであふれかえってやがるぜ」
「一カ所だけ誰もいない花見の特等席があるぜ。見てみな」
吾輩はホームレス・ソルジャーにそう言って明治通りにかかる歩道橋を指差した。
「おお! あんた、おもしろいだけじゃなくて頭もいいな!」
「まあな」

吾輩とホームレス・ソルジャーは連れ立って歩きだした。途中、セブン-イレブンに寄ってビールと日本酒とウィスキーとマイヤーズ・ラムとビーフィーター・ロンドン・ドライジン47度を買った。歩道橋の真ん中に立つと路地の奥に光のひとかけらさえも射さない小さな公園が見える。若造が3人、桜の木の下で酒盛りをしている。悪だくみもしているにちがいない。吾輩とホームレス・ソルジャーは手始めにビールで乾杯した。プルリングを引き上げるときの音がこれからストリートを、世界をステンシル・ステルス爆撃機で絨毯爆撃する合図とも聴こえた。

c0109850_11225379.jpg

ホームレス・ソルジャーはフラップ・ポケットから認識票をごっそり取り出し、両手の上に広げて見せた。そして、「おまえの認識票だ。好きなのを選べ」と言った。吾輩は「STREET4LIFE」と刻印のある認識票を取った。その瞬間から吾輩は本物のストリート・ソルジャーになった。すでにして戦友も一人いる。古強者の戦友はすぐ横でビールをうまそうに飲んでいる。


c0109850_251531.jpg


STREET4LIFE, THUGZ4LIFE
「与えられる世界は本日只今をもって終らせる。この今、この瞬間から ──」

ホームレス・ソルジャーはそこまで言ってビールの残りを飲みほした。「 世界を与えられる世界から奪い取る世界に変える。おれたち二人だけでやり遂げるんだ」

「厄介そうな仕事だな」
「そのとおり。援軍も後方支援も兵站もない。あるのは孤独と空腹と寒さと熱さと嘲笑と臆病者どもの悲鳴だけだ。どうだ? ずいぶんと早いが除隊を願いでるか?」
「いや。ベテランズ・デイのミーティングに行くにはまだ早すぎる。それにおとといからいい死に場所と死ぬには手頃な日を探しはじめたもんでね。おれにはうってつけの仕事だ」
「いい死に場所? 死ぬには手頃な日? そんなもんはこの世界にありゃしない」
「なきゃつくるまでだ。話は簡単だ」

ホームレス・ソルジャーの肉付きのいい背中にイーストン社製クロムモリブデン鋼4130の極太パイプが通った。両の眼はらんらんと輝き、獰猛な色を発している。腹を空かせたグズリの眼だ。

「兵士としてはいい心構えだが、おまえさん、それは本気か?」
「おれは冗談とデコスケと定期預金が大嫌いだ」
「本気なんだな? おれといっしょに炎の中心に立てるんだな?」
「本気も本気、炎の中心であんたのうすらでかいケツに蹴りを入れてやるよ。その証拠にこれを見てみろ」

吾輩はそう言ってホームレス・ソルジャーの目の前で左腕をアーミー・ナイフで切り裂き、「STREET4LIFE」と彫りつけた。ホームレス・ソルジャーはいかにも満足げだった。そして、吾輩の「血の儀式」を見届けてから腰の巨大なダガーを抜き、左腕を切り裂いた。ホームレス・ソルジャーの赤銅色の腕には「THUGZ4LIFE」と彫られた。そのときくらい、2PACの『Thugz Get Lonely Too』を聴きたいと思ったことはない。精神はいくらでも昂揚し、ふやけた東京の空を真っぷたつに切り裂いて飛翔していく。



c0109850_12485726.jpg


Hey Homies! R U Still Down Gun 4?

焼け焦げるような深く長い夢から覚める。紫色に腫れ上がった左手の甲にソルジャー・ドッグがあごをのせて寝息を立てている。鈍く重い痛みが全身にある。周囲の状況を確認したいが頚が思うようにまわらない。動かそうとするたびに激痛が走る。仕方なく、眼球だけ動かす。

右。ぼろ布に変わり果てた若造が3人倒れている。ふん。だらしのない奴らだ。まあ、どうということもあるまい。最悪でもみっつの死体ができあがっただけのことだ。

左。ホームレス・ソルジャーがガードレールにもたれて座り込んでいる。いくぶんか息が荒い。着ているものがあちこち破れている。引きちぎられたようなのもあれば刃物で切られたような鋭い痕跡も何ヶ所かある。やれやれ。われわれは初戦からいきなり激戦苦戦したというわけか。状況からして生きているだけでもよしとしなければなるまい。死は手加減も容赦もないが、今回に限ってはわずかに手を抜いてくれたようだ。

上。あいもかわらず極楽とんぼが飛び交い、腑抜けどもが見上げるのにお似合いの東京の空。どでかい手でも現れやがれってんだ。

下。地獄。美醜大小様々取り混ざった地獄。

「起きたな」とホームレス・ソルジャーがぼそりと言った。いかにも力を失った言葉だった。
「ああ」
「生きているようか?」
「ああ。たぶんな。あんたは?」
「おれもだ。しかし、世界がジョン・ニエトの絵のように色気づいてやがる。まぶしいぜ」
「おれはMONKNORI関山草の絵みたいに32ビートで世界が踊ってる」
「へっへっへ。そいつはたのしそうじゃねえか」
「たのしいがかなり痛い」
「だろうな。おれもさ。だが、おれたちには常に痛みが必要なんだ。本物の兵士は痛みを飼いならし、友としなけりゃならないんだからな」
「で、あそこに転がっている若造3人は?」
「おぼえてないのか?」
「ああ。たいていのことは起こったそばから忘れるようにしてる。なにかをおぼえていていいことなんぞこれっぽっちもない人生だったもんでね」
「おまえさんがデブとノッポを、おれがチビを始末した。おまえさん、中々の腕っ節だったぜ」
「奴らがくたばっていないところをみると、おれも鈍っちまった。あと5歳若かったら、奴らは今頃、挽肉だ」
「ほうほうほう! そいつは見ものだったろうぜ」
「で、この犬っころは?」
「ああ、おれの相棒のソルジャー・ドッグだ。名はポルコロッソ。ミニチュア・セントバーナードの兵士だ。見た目はおとなしそうだが戦闘中は地獄の邏卒になる恐ろしい野郎だ」
「ということは今のところ兵士は3人ってことだな?」
「そのとおりだ」
「オーケイ。とりあえず、どこかでめしを喰おう。全身にかわいらしい痛みがあるが腹だけはへってる」
「だろうな。酒は浴びるほど飲んだが喰ったもの言えばグリッシーニを3本ずつだけだからな」
「そりゃ、腹もへるってもんだ」

ホームレス・ソルジャーは若造3人のところに歩いていき、怒鳴りつけたあと若造どもを蹴り起こした。若造どもは恐怖に眼を凍りつかせている。ホームレス・ソルジャーがなにごとか言うと、若造どものうちのデブが脱兎のごとき足取りで走り出した。太ったうさぎの走り。笑いがこみ上げてくる。

「奴らはゲットー・ボーイズ。これからわれわれの軍隊の兵士になるための訓練をする」
「ものになりそうか?」
「おれとおまえさん相手に闘って生きているんだ。見込みはある」
「そうか。そりゃよかった。使いものにならない兵隊が100万人いたところでえられる結果はたかが知れているからな」
「まさに」
「で、デブうさぎはどこへ?」
「ああ、食いもんを調達しに行かせた」
「なるほど」
「文無しでどうやって食料を手に入れてくるのかたのしみだ」
「はっは! とんだ鬼軍曹様に見込まれちまったもんだな! あのデブうさぎは」
「この世界にゃでっけえ時限爆弾がいたるところに仕掛けてあるんだ。すべてを吹っ飛ばしちまう時限爆弾がな」

ホームレス・ソルジャーは言って変圧機の横に転がっているビーフィーター・ロンドン・ドライジン47度の瓶を拾い上げ、親指でスクリュー・キャップを弾き飛ばすと貪るように飲んだ。

「そいつを仕掛けたのはだれだ?」
「決まってるだろうが。あいつだよ。いつも訳知り顔で世界やら人間やらをえらそうに見下ろしてやがるあの野郎だ」

そう言うとホームレス・ソルジャーはふやけきった東京の春の盛りの空をおっ立てた中指で指差した。

「まったくファックな野郎だぜ」
「あんたの予想では時限爆弾はいつ爆発するようにセットされているんだ?」
「さあな。おれにはわからない。だれにもわからない。だがな、これだけは言えるぜ。タイマーセットの時間はわからねえが、遅かれ早かれ時限爆弾は爆発する。そして、世界から人間どもは一掃される」

Geto Boys - Damn It Feels Good To Be A Gangsta
Geto Boys - My Mind Playing Tricks On Me
 
[PR]
# by enzo_morinari | 2004-07-02 08:41 | 神宮前ストリート・バケーション | Trackback