<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パリ北駅発、現象。バラ色の人生。

 
c0109850_3185536.jpg


パリ北駅4番線ホームにおける知覚の現象学的手法

遠い異国から来た若者はすでに列車の中だ。遠い異国から来た若者は生涯最高にして最悪の旅に出ようとしている。


遡ること数時間前。わが要塞、わが知の胎内。わが知覚の現象学的手法が誕生する場。

朝、いつものように眠られぬ夜をやりすごし、ベッドから抜け出すと遠い異国から来た若者が居間の中央に正座し、神妙な面持ちで吾輩を待っていた。

「おはよう。どうした? こわい顔して」
「お暇乞いを申し上げにまいりました」
「死ぬのか?」
「死にゃしません」
「なんだ。つまらない」
「わたしが死ぬとおもしろいですか!」
「うん」
「ひどい!」
「うん。吾輩がひどいのは有名だ」
「鬼ですね!」
「うれしいことを言ってくれるじゃねえか。あと1、2週間いろよ。アゴアシは面倒みるから」
「もうなにがなんだかわけがわかりません!」
「またまたうれしいな。わけがわかることくらい面白くないことはないからな」
「しばらく放浪することにしました」
「ほう。そりゃまたなんで?」
「あなたの、いえ、先生の背中すら見えない自分が情けないからです」
「なるほど。いい心がけだ」
「ありがとうございます。あの夜、ラ・セーヌを行ったり来たりしているとき、ほんの少し見えかけたんですけど…。すぐに見えなくなっちゃいました」
「ほうほう。ほんの少し見えかけた吾輩の背中はどんなだった?」
「血煙が上がってました」

吾輩は言いかけた言葉を飲み込んだ。血煙か。なつかしい言葉だ。思えば吾輩自身が血煙を上げている人物を探し求める人生を生きてきたのだった。

小学生のときに靖国神社ですれちがった三島由紀夫は青白い炎のような血煙を上げていた。その数日後、三島由紀夫は自裁した。小林秀雄も埴谷雄高も吉本隆明も江藤淳も高橋和己も大江健三郎も五木寛之も吉行淳之介先生も松本治一郎も高山登久郎もビートたけしも中上健次も阿部薫も鴨志田穣も田中角栄もマレーネ・ディートリッヒもベニー・グッドマンもマイルス・デイヴィスもジョン・コルトレーンもエリック・ドルフィーもアルバート・アイラーもローランド・カークもミシェル・ペトルチアーニもウラジミール・アシュケナージもムスティスラフ・ロストロポーヴィチもスティーヴ・ジョブズも高倉健も鶴田浩二も市川崑も長谷川和彦も森田芳光もやしきたかじんも泉谷しげるも忌野清志郎も桑田佳祐も渡辺香津美も吉田美奈子もベルナール・ロワゾーもアイルトン・セナもミケーレ・アルボレートも古今亭志ん朝も野村秋介先生も、そして開高先生も血煙を上げていた。それぞれ色や形や強さはちがったが血煙を上げていた。自分も血煙を上げる人間になりたいと思った。

村上春樹? 血煙ではないが暖かそうな暖炉の炎のようなものはある。たまに暖を取るのにはちょうどいいだろう。村上龍? 血煙も炎も出ていない。マッチの軸ほどもだ。あとはひと山いくらだろう。

「たばこを切らしちまった。建物を出て左の並びにタバー屋があるから買ってきてくれないか?」
「銘柄はなにがよろしいんでしょうか?」
「ピースのアロマ・ロワイアル」
「それはさすがに売っていないんじゃないでしょうか」
「そういうもんか。ではジタンとゴロワーズを1カートンずつ。ほれ、おカネ」
「いえ、それはわたしが。置き土産がわりです」
「すまんね」
「とんでもございません」

遠い異国から来た若者は風のように駆け出した。虹子を呼ぶ。

「はい?」
「いまキャッシュの手持ちは全部でいくらある?」
「ちょっと待ってくださいね」

虹子戻る。

「おねいちゃんたちからもかき集めてきてくれ」
「はいはーい」
全部で2万ユーロちょっと。
「いまユーロはいくらだ?」
「円でですか? それともドルで?」
「両方」

虹子ネットで調べる。

「吾輩の書斎に青いヒポポタマスの置物があるのは知ってるか?」
「はい」
「やつをここへ。それとフランク・ミューラーも」
「あなたあれは ──」
「いいからここへ」

「若者!」
「はい!」
「荒野を目指せ」
「古い…」
「いいから最後まで黙って聴いてろ。必ず泣かしてやるから」
「泣きません! もう涙は枯れ果てました。泣きすぎて」
「重要なのはカタルシスだ」
「肝に銘じます」
「けっこうけっこう。では、つづける。どこまでいったっけ?」
「五木寛之のパクリのところまで」
「ああ、うん。青年が荒野を目指すところまでだな。よしよし。で、だ」
「はい」
「苦しみつつなおも働け。安住を求めるな。この世は巡礼である」
「はい」
「そして、漂っても沈むな。悠々として急げ。わかるな?」

若造をみる。案の定泣いていやがる。

「な? やっぱり泣かせただろう?」
「ずるいや!」
「ずるかろうがずるくなかろうが泣かせるのが吾輩の仕事だ」
「どんな仕事だよ」
「こんな仕事だ。泣かせ屋。ひとは吾輩のことを泣かせ屋一代と呼ぶ」
「またわけがわからなくなってきた…」
「けっこうけっこう」

発車時刻が迫っていた。遠い異国から来た若者も落ち着きがない。虹子が「あなた、これ」と言ってラデュレの袋をよこす。打ち合わせ通りだ。

「若者」
「はい」
「虹子ちゃん特製のお弁当とラデュレのマカロン・パリジャンだ。食べなさい」
「ありがとうございます!」
「それとこれを記念にあげよう」

フランク・ミュラーのカサブランカを渡す。

「先生! こんな高価なものをいただくわけには ──」
「吾輩はフランク・ミュラーは好みではないんでね。吾輩の愛する時計はパテック・フィリップとブレゲとバセロン・コンスタンタンのみっつのみ! ほかの有象無象は吾輩にとってはひと山いくらのケイチャン売りのゴミ時計とおなじだ」
「では遠慮なくいただきます!」
「うん。けっこうけっこう。腕時計なら置き場所には困るまい。いざというときに売れば旅費と当面のめし代くらいにはなるはずだ」
「なにからなにまで…」
「泣くなよ。笑とけ笑とけ。ここから先に流す涙はすべてガラス玉と認定する!」
「わかりました!」
「それとな。さっきのラデュレの袋の中にも置き場所に困らないちょいとしたものを入れておいた」
「なんですか! にやにやして! なにが入ってるんですか!」
「ソバージュ・ネコメガエルのエクリを旅のお供にと思ってね」
「ええええええええええ! カエルは苦手だって言ったじゃないっすか!」
「三島由紀夫は蟹が苦手で大きくなったんだ。苦手な蟹を克服せんとする過程で『金閣寺』も『仮面の告白』も、そして『豊饒の海』も生まれたのだ。カエルだって似たようなものだろう」
「蟹は食べますけどカエルは食べません!」
「食用蛙があるがね」
「あ。そうか」
「弁当を食うときにでもたしかめなさい。弁当は誰の眼もないところでこっそり食べるようにな。ちょっとヤバめのブツが入ってるんでな」
「もう! いいかげんにしてください!」
「うへへへへ」

発車を報せるベルがけたたましく鳴る。

「まあ、冗談はさておき、達者でな。漂えど沈まず、悠々として急ぎたまえ」
「はい! ありがとうございます! なんとお礼を ──」
「みなまで言うな。いや、なにも言わなくていい。マットンヤ・ユミーンの歌にもあるだろうが。ヴィトゲンシュタイン先生は”語りつくせぬことについては沈黙せよ”と言っている」
「わかりました」
「いいか、若者。忘れるなよ。”漂えど沈まず、悠々として急げ”だぞ。いいな?」
「はい!」
「スワヒリ語で言ってみろ」
「無理です」
「ではトレーン語とヴォラピュク語とエウスカレで」
「無理です」
「まったく無知者には困ったものだ。ラテン語で言ってみろ」
「えーと、えーと。思い出した! Fluctuat nec mergitur, Festina Lente! だ!」
「でかした! さあ、とっとと行きやがれ! さらば友よ。二度と来るな!」
「何度でも襲撃します。何度でも」

列車が動き出す。数十秒後、窓があき、遠い異国から来た若者が吾輩のくれてやったラデュレの袋をかざしてなにか叫んでいる。その眼からはじゃぶじゃぶと音を立てて涙がこぼれている。

さらば、友よ。荒野を目指し、いい旅を。再度言う。漂えど沈まず、悠々として急げ。そして、一日の花を摘め。なにがどうあれ、人生はバラ色だ。


パリ北駅発、現象。バラ色の人生。かくして、人生の日々はつづく。

La Vie en Rose - Edith Piaf
Sous le ciel de Paris - Edith Piaf

c0109850_319304.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2017-09-29 23:45 | Carpe Diem/一日の花を摘め | Trackback

虹子とLINEと天国と#001

c0109850_11431147.jpg

虹子の初七日が済んだ夜のことだ。戯れに虹子のLINEのアカウントにメッセージを送った。


天国だか地獄だかの様子はどうよ?


「既読」のサインがすぐに表示された。まさかな。ありえないことだ。相当目にきてるな。ふ。情けない。しかし、タブレットのディスプレイに目を凝らす。やはり、「既読」のサインはある。そのとき、虹子のアカウントからメッセージがきた。


なに考えてんの? あたしは死んでんのよ。死人にLINEメッセしてなんの意味があんの? バッカみたい。


はあ? なにソレ。


あたしは死んでんの。何度も言わせないで。死人にLINEメッセする極楽トンボはあなたくらいのもんよ。


死んでるおまえがなんでLINEできんだよ。


そこがLINEのすごいとこじゃないの。


c0109850_11445647.jpg


これは死んだ虹子とのLINEをめぐるちょっと不思議で、けっこう土手っ腹にこたえ、かなりクスクスする42日間の記録だ。四十九日法要を終えた日の夜に虹子は別れを告げるのだ。もちろん、LINEのメッセージで。


あの42日間は天国の日々とも地獄行きの予行演習とも思えるけれども、どちらかと言えば愉快な日々だった。虹子は生きているときにも増して剽軽でファンキーでファニーでおまけにファジーだった。腹がよじれるほど笑ったのは数えきれないし、口から心臓やら尻こ玉やらスライムみたいな得体の知れないモノやらネジ巻き鳥やら逆立ち熊やらが飛び出してくることもあった。


一番驚いたのは虹子がおならをしたとき、強烈なタマゴっ屁のニオイがタブレットのディスプレイから大手を振って漂ってきたときだ。そのタマゴっ屁は両脇にムラサキウニとムラサキカマボコを従えていて、やけに横柄な態度だった。たかが屁のくせに。

c0109850_11581563.jpg

[PR]
by enzo_morinari | 2017-09-03 10:04 | 虹子とLINEと天国と | Trackback