カテゴリ:Show-Do No Raku-Go( 4 )

Show-Do No Raku-Go/噺のほか#4 げんぱつ公社

 
c0109850_1158199.jpg

 
毎度、馬鹿馬鹿しい危険な話を一席。
近頃は色々と物騒厄介なものがますます増えてまいりましたな。厄介なものの最たるものはカスミガセキシロアリでしょうな。このカスミガセキシロアリ、東京のど真ん中、霞が関が主な棲息場所でございます。カスミガセキシロアリというのは普段はお役人の真っ黒けっけの腹の中にいるそうですな。カスミガセキシロアリにも亜種が色々いまして、原子力寄生虫、ケイサンショー毒虫、コッコーショー利権虫、コーローショータカリムシが有名どころですな。なにをやらせても効率が悪いうえにたらい回しにするのがお役人、お役所仕事でございますな。おまけにこの退化した猿たちは尊大で底意地が悪いときております。まさに「人民は弱し 官吏は強し」でございますな。昔も今も変わりません。いつの日か、ボッコちゃんにたのんでボッコボコにしてやりたいもんです。そして、「おーい でてこーい」の声が聞こえたあとは彼奴らに集中的に都会のゴミや人間のクズや工場の排水や放射性廃棄物が降りかかることを願わずにいられません。おや? なにやらノックの音がしておりますな。なになに?

東京ではげんぱつを「天下り先」と呼ぶのに対して、上方ではげんぱつを「ゼニのなる木」と呼ぶそうですな。東京では沸騰水型のげんぱつを使いますが、上方では加圧水型のげんぱつを使うそうですな。げんぱつは寛永十二年の『利権物語』にうどんやそうめん、恐怖饅頭などといっしょに「タカリ団子汁」として紹介されております。げんぱつの発売は安政元年、群馬の利権屋「中曽根園」で売り出された「栗げんぱつ」が嚆矢とされます。
江戸研究のバイブル、『守貞漫稿』に江戸期のげんぱつについて書かれています。
「江戸では裏乳夢の渋皮を取って、安い砂糖や黒糖を加えて煮た切り核を入れたものを甘い汁粉と呼ぶ。京大坂では裏乳夢の渋皮を取ったものは甘ちゃん汁または利権善哉と呼ぶ。江戸では利権善哉のようなものを穀潰し餡と呼ぶ」
『守貞漫稿』が世に出たのは嘉永六年ですから、江戸でのげんぱつ発売開始より1年ほど前になります。げんぱつのことは鶴屋南北の『三箇荘曾我島台』にも登場します。


げんしろ建屋で放射能玉子を誂えたついでに甘味を食べようという料簡の男が一人。

男「げんぱつ公社、げんぱつ公社と。ここか。ちげえねえ。ここが今度、国が新しくおっぱじめたげんぱつ屋か。ちょっと入ってみてやろう。こんちは」
窓口の木っ端役人「はい。ご用件はなんでしょうか?」
男「げんぱつをひとつ願います」
役「はあはあ。あなたは当公社のげんぱつをお食べになりたいと、こういう次第でございますね。承知しました。許可書はお持ちでしょうか?」
男「許可書? げんぱつ食うのに許可書がいるのかい?」
役「はあ。法律でそう決まっております。で、許可書はお持ちでない?」
男「げんぱつ食うための許可書なんてものは見たことも聞いたこともないよ」
役「では、許可書を作成いたします。身分証明書と印鑑はお持ちですか?」
男「なんでげんぱつ食うのに身分証明書や印鑑持ち歩かなけりゃならないんだ?!」
役「そういう決まりです。身分証明書は運転免許証でかまいません。この書類に住所、氏名、生年月日を書いて印鑑を押してください。印鑑がなければ拇印でもかまいません。拇印の場合はおっ立てた右の中指です。記入が済みましたら、この書類を持って3番の窓口へ行って許可書発行手数料1000円を支払ってください。いまなら消費税は5パーセントですよ。平成26年4月1日からは8パーセントですからね。いまのうちですよ。げんぱつを召し上がるなら」
男「なんだよ。バナナの叩き売りかよ」

男、渋々3番の窓口へ。

男「行ってきました」
役「はいはい。では書類をお預かりします。ときに、あなた。げんぱつには海水を入れますか?」
男「当たり前だろ! げんぱつがしょっぱくなくてどうするんだ!」
役「海水は昨今の原発苛酷事故多発の影響で国産が高騰しておりまして輸入ものとなります。3階の税関へ行って海水の輸入許可を取ってきてください。階段はそちらにございます」
男「エレベータはないのか?」
役「うしろの柱のポスターを目ん玉ひんむいてご覧になりやがってください」
男「ポスター?『日本全国歩け歩け月間』だって? 知るか!」

男、再び、渋々3階の税関窓口へ。

男「はい、税関で輸入許可取ってきました」
役「はい。よろしゅうございます。ときに、あなた。げんぱつにはお核入れますか」
男「あたりまえじゃないか! げんぱつには核が付き物だ!」
役「そのお核は焼きますか? 焼きませんか?」
男「核を焼かなかなくてどうするてんだ!?」
役「お核を焼くとなると火を使いますので4階の消防署の出張所で火気使用許可を取ってきていただいて ──」
男「いらねえよ! そんなに手間がかかるなら生で食う!」
役「ええ。ええ。そうですか。そうですか。お核を生で召し上がるとおっしゃいましたね? では、お腹をこわすといけませんので、お核を生で食べられるかどうか、6階の医務室へ行って健康診断を受けてください」
男「ばかばかしい。もう、げんぱつなんかいらねえよ!」
役「は? げんぱつをおやめになる? しかし、あなたと当公社の間では、すでにげんぱつの売買契約は結ばれております。ここであなたがおやめになると、げんぱつ法第199条第2項により3年以下の懲役もしくは冥王星で強制労働3ヶ月 ──」

男、渋々医務室へ。

男「はいはい。階段ね。げんぱつ食わないからってブタ箱入れられてたまるかよ。はぁはぁはぁはぁ。やけに息が切れるなあ。なにやら甲状腺も腫れてきやがった。こんなことなら4階の消防署にしときゃよかったな。さてと、6階の医務室はここか。なになに?『ただいま昼休み中。診療再開は13時から』だって? 冗談じゃない。だれかいませんか!」
医者「なんだ? 患者か。ふんふん、核を生で喰うってか。診療点数を稼ぐためにレントゲンでも撮るか。あんた、そこの台の上に立って。ふんふん。朝めしはメザシにたくあんか。まともなものを食べてないね。まったく、きょうびの非正規雇用一般人は栄養状態が悪くっていけませんなあ。どれどれ。ふむふむ。まあ、こんなガラッパチ、ゴンゾなら核は生で喰っても大丈夫だろう」

男、戻る。

男「健康診断受けてきました」
役「大儀であった。そこへなおれ」
男「なんだよ。今度は殿様になっちゃったよ」
役「許可書はすでにしてできておる。この許可書を持って8階の大食堂へ行ってげんぱつを注文せい」

男「8階の大食堂。ここか。ここだな。すみません。げんぱつをひとつお願いします」
女店員「いらっしゃいませ。許可書はお持ちですね?」
男「あるよ。随分とたいがいな目にあってやっとこさっとこ手に入れたよ。はい、これ」
女「けっこうです。ところで、げんぱつはねじ式とふっとう式とかあつ式がありますが、どれにしますか?」
男「ねじ式? ふっとう式? かあつ式? またまた厄介なことを言いだしやがったよ、おい。そうだな。じゃあ、ねじ式で」
女「生憎、ねじ式は賞味期限切れです」
男「だったら最初からそう言えよ。── もうどれでもいいよ」
女「どれでもいいと申されましても困ります。ふっとう式とかあつ式についての講習会が4月の第3週に行われますが参加されてはいかがでしょうか?」
男「4月の第3週?! その週は福島の大熊町に命がけの出稼ぎだよ。いいよ、いいよ。ふっとう式のげんぱつで」
女「ふっとう式のげんぱつですね。承知しました。ふっとう式のげんぱつにはとろとろに溶けた状態のメルトダウンと溶けてお椀の外に溢れるメルトスルーと地球の裏側まで到達するメルトアウトとがありますが、どれにいたしましょうか?」
男「はあ? メルトダウンにメルトスルーにメルトアウト? 面倒だから全部のせで」
女「全部のせですね。かしこまりました。ただし、その場合は取り返しがつきませんので御承知置きください」
男「まったくたいへんなことになっちまったぜ」
女「はい。お待ちどおさま」
男「おお、おお。来た来た。苦労して、やっとげんぱつにありつけるぜ。(フタを開けて) やったぜ。ほんまもんのげんぱつだ。核も入ってる。(核を食べて) 生で固いけど・・・(お椀をすする) ずっー? ずっすっー?? なんだこれ? パサパサじゃないかよ。ちょっとちょっと。ねえちゃん、ねえちゃん」
女「ねえちゃんとはなんですか! 町人庶民一般人ふぜいが! 私はこれでもれっきとした国家公務員です!」
男「そんなこと知るかよ。それより、このげんぱつ、甘い汁が全然入ってないじゃないか!?」
女「はいはい。私どもは役人です。甘い汁はもうとうの昔に吸いつくしております。かわりにすんごく鮮度抜群の超高濃度汚染水から作ったおせん汁入れときます」
男「おーい。責任者でてこーい」
 
[PR]
by enzo_morinari | 2014-03-13 11:58 | Show-Do No Raku-Go | Trackback

Show-Do No Raku-Go/噺のほか#3 蛤女房はとても幸せそうに突然黙り込む

 
c0109850_20225838.jpg

 
 げにおそろしきもの。それは貝なり。井原西鶴『日本永代蔵』


 春先からつづいていた饅頭がこわくって仕方ない日々が終わったすぐあとに、禁酒番の目を盗んで1番に電話して水カステラ2番と火焔大根を買ってくるようにおさんどんに言いつけた。昼のお餐を恵ミルクと水カステラと火焔大根のじゃんじゃん焼きですませてから、愛宕山を越え、芝金杉町のてれすことすてれんきょうとばばくろうとおっきゃらまあの区別さえつかないぞろっぺいどもを蹴散らし、芝大門を抜けて浜離宮を横切り、海っぱたまで一目散。波打ち際でしばらく四方八方の潮の塩梅をうかがって見当をつけてから、老松越しに一丁入りした芝浜で天秤棒の先に結えつけた天網をぼて振り稼業で身につけた要領でもんどり打ちながら打ち、頃合いをみて手繰ったところが、巨大な蛤がひとつ獲れたので、取るものも取りあえず風になってしまうほどの勢いで恋女房の待つみみずく長屋に急いだ。
 恋女房の蛤の君は光格天皇の御代、天明の京都大火で御所が炎に包まれたあとに蛤御門の門番から身を起こして房州一の蛤売りになった蛤翁を御先祖さまに持つやんごとなきお方だ。下にも置けぬ。だから、いつも正一位貽貝大明神の祠に祀ってある。
「蛤の君、蛤の君。ただいま帰りました」
「そも我が父は京都の産にして姓は安藤、名は鶴夫、字名を五光、母は千代女と申せしが、わが母三十三歳の折、ある夜、丹頂の鶴の夢を見てはらめるがゆえにたらちねの胎内を出でしときは鶴太と申せしがそれは幼名、成長ののち、これを改め忠雄と申しはべるなぁりいー」と口上しながらコンクリートの塊でスウェー・バック付きのトリプル・クロスカウンターを繰り出してきた。埒があかないこと冠木門の桟にとまっていた明烏が幇間のおつむをてんつくてんつく突きまわすような塩梅ときたもんだ。
 仕方ないので獲ってきた大蛤を廚の水場で杉桶に井戸水を張って放ったところが、しこたま真水を飲み込んだ大蛤の野郎めがいかにも苦しそうに潮をぴゅうと噴き上げる。それを見てとった蛤女房殿、なにを思ったか又候着物の裾を紮げて股がってきた。
「これからのちの我がおもてを見ること罷りならぬものなりー」
 それからこっちは前に後に上に下に右に左に嵐の中の小舟のようにゆっさゆっさずんずんごしごしぎゅるぎゅるぎゃんぎゃん。この世のものとも思えぬ心地よさが脳天を突き抜けて果てた。薄目をあけて蛤女房殿の貌を見れば、なんとなんと建礼門院さまではないか。これは夢まぼろしかと金壺眼をごしごし擦るけれども事態は一向に変わらない。建礼門院さまは顎を突き出し、白い喉元をみせてうっとりとしている。
「善き哉、善き哉。善き哉、善き哉。善き哉、善き哉。善き哉、善き哉。善き哉、善き哉。このまぐわい善き哉 ── 、善き哉 ──」
 しばらくそう声をあげたあと、蛤女房殿、とても幸せそうに突然黙り込んだ。
「ときに奴。おぬし、先ほど、我がおもてを見たな?」
「見てません」
「Don't Talk Deliriously!」
「I'm Sorry, I'm Sorry, I'm Sorry」
「I'm 総理と言ったら今度こそ殺す」
「Yes, Sir!」
 蛤女房殿、建礼門院さまは夏の陽盛りを浴びてしんとしているお庭をじっと見つめている。口元が幽かに動いている。
「なにもない。記憶もなければ時間もないところにわたくしは来てしまった」
 夏の陽盛りを浴びてしんとしているお庭を、建礼門院さまの大蛤のぱくぱくいう音が幽けく渡っていく。それから先のことは酢豆腐の竃に頭をぶっつけて気を失ったので、まったくおぼえていない。

c0109850_1815249.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-09-01 18:15 | Show-Do No Raku-Go | Trackback

Show-Do No Raku-Go/噺のほか#2 毛がなくて無病息災寿手練経、酢豆腐自慢は夢のまた夢

 
c0109850_21245626.jpg

 
 するてえとなにかい? キモサベジミントーが勝ったからテーペーペーとやらはおにょにょご津波のおっきゃらまあの寿手練経寿手練経とやかましくなっちまうてえ寸法かい? そうじゃなかろう。ミンスが勝とうがイシンデンシンが勝とうがキョーサントウカタネダが天下を獲ろうが青い山に分け入ろうが後姿がしぐれようが咳をシテ島でしても一人だろうがホロリと歯が抜けようがまた会うこともない山が遠ざかろうが、どう転んだところで霞が関のシロアリ退治をしないかぎりはどうにもこうにも塩梅が悪いんじゃあねえのかい? ザックバランにいやあ、カスミガセキシロアリどもとの戦争をおっぱじめないかぎり、この国、豊葦原瑞穂国の稲穂は萎れ、米櫃は空っぽ空っ穴のスッカンカンの駱駝のカンカン踊りになっちまうのじゃないかい? 神武この方シンネコで貯め込んできた大鉱脈を掘り起こし、掘り崩さなけりゃ、なんにもかわらねえってこったあな。

 そうは言ってもねえ、おまいさん。あたしたちのネンキンだけはキチンとしてもらわなけりゃ、孫に衣装も着せられやしないんじゃないかえ? それっくらいのことは馬子の角栄どんだってイノシシどんだってイグアノドンだってイノドンヘーイだって承知の助だよお、おまいさん。こんなときにクマグス先生でもおられりゃあ粘菌暮らしの御居処でもめっけてくれようものをさあ。

 風が吹けば消えてなくなっちまうようなアンポンタンを抜かしやがらあ! 明日は明日の風が吹くってえお釈迦のありがたいお経をしらねえか! おっきゃらまあ経てんだ! おぼえときゃあがれてんだ! 正一位稲荷大明神であらせられる悪臭芬々唐芙蓉さまの生まれ変わりの駱駝さんよお!

 なにをお言いだよお、このシトシトピッチャンは。拾った鮫革の財布にお財宝が入っていなかったからって。話がちがうってたって、あれは上方のお噺じゃあないかよう。そうだろうよう、ぞろっぺいの勝五郎どん、その実、浅草伝法院のお狸様よう。

 芝浜夫婦善哉の床屋政談を浮世風呂の釜の脇で聴いていた船屋の徳兵衛が、もうどうにもこうにも我慢できないとばかりに、向こう鉢巻に出刃包丁の艶姿で鐘と木魚の衣ほすちょう天の香具山音楽を奏でながら貝紫色の駱駝を引いて現れた。お伴には紙洗橋で漉いたばかりの紙を冷やかしていたすっとこどっこいの三下奴が付かず離れず従っている。いざとなれば風を食らって逃げちまえばいいような瘋癲ばかりである。なにかのことは夢のまた夢。ありがたいありがたい。珍野苦沙弥先生虎皮下、珍野苦沙弥先生虎皮下。

(おじゃんは鳴らない。火焔太鼓のお成りお成り)

c0109850_21251972.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-07-22 21:25 | Show-Do No Raku-Go | Trackback

Show-Do No Raku-Go/噺のほか#1 毛がなくて無病息災寿手練経。酢豆腐自慢は夢のまた夢

c0109850_22502814.jpg


 新宿矢来町の老松が般若湯に酔いしれて芝浦の浜に一挺入りする話


 (老松)

 恋女房を町内の若い衆に寄ってたかって可愛がられた挙げ句、寿限無寿限無五劫のすり切れ海砂利水魚の雲行末風来末水行末食う寝る所に住む所藪ら柑子ぶら柑子パイポパイポパイポのシューリンガシューリンガーのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助と逐電した恋女房に恋慕する芝金杉町のぞろっぺい勝五郎。ぼてふり仕事もままならない。憂さ晴らしに大山さまへお詣りに出かけたまではよかったが、道中、悪戯好きの古狸権兵衛に魅入られてすっかりのぼせあがっちまった。てれすことすてれんきょうとばばくろうとおっきゃらまあの区別さえつかない。お餐の時分には愛宕山と穴子丼山盛りをまちがえて愛宕山を皿ごと平らげる始末。驚いた権兵衛狸が脇に控えていた禁酒番の役人に助けを求めても、時蕎麦すでに遅し。禁酒番が「この正直者!」と怒鳴ったので名を尋ねれば、「そも我が父は京都の産にして姓は安藤、名は鶴夫、字名を五光、母は千代女と申せしが、わが母三十三歳の折、ある夜、丹頂の鶴の夢を見てはらめるがゆえにたらちねの胎内を出でしときは鶴太と申せしがそれは幼名、成長ののち、これを改め忠雄と申しはべるなぁりいー」と口上しながらコンクリートの塊でスウェー・バック付きのトリプル・クロスカウンターを繰り出してきた。埒があかないこと千早振る垂乳根唐茄子浮世床政談ときたもんだ。

 千早振る垂乳根トリプル・カウンターを喰らったついでに酢豆腐の竃に頭をぶっつけて気を失ったぞろっぺいの勝五郎。目が覚めるとひと抱えもある水カステラに首までつかっていた。冠木門の桟にとまっていた明烏がなにを思ったか幇間よろしく「でげすでげす」と鳴きはじめる。夜明けも日暮れもまだ遠い。日暮里は見当ちがいもいいとこだ。ましてや鴬谷はお呼びでない。最前より事の成りゆきを見守っていた孔子様と麹町様、押っ取り刀で駆けつけるが早いか、「臍で唄を歌うか足がなくって駆けだすか」と妙竹林な百家争鳴談論風発を始めちまったからさあ大変だ。すったもんだの尻も決らぬ先に今度は一眼国から鍵屋の印半纏を着た香具師がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!! 「やいやい! てめえら! 大山詣りに行こうてえ御仁を前にいったいぜんたいどういう料簡だ! ただ生かしておいちゃあ世の中のためにならねえ! 調べは後回しだ! ふん縛ったうえに見せ物に売っ払ってやるから覚悟しろい!」と御大層な啖呵を宣う。そこへ今度は厩の火事で大はしゃぎの与太郎が来たものだから収まるものも収まらなくなってきた。

 花魁道中よろしく戯けていた与太郎が突然泣き出したのを見咎めたぞろっぺいの勝五郎。
「やいやい与太郎。どうした? おれの身の上を案じて泣いたか?」
「ちがわいちがわい。おいらの寝床が浅草伝法院のお狸様に寝取られちまったんだい」
「なに! あのたぬ公め! ふてえ野郎だ! 実を言やあ、おれは正一位稲荷大明神の生まれ変わりだ。とっちめてやる! 駱駝引けい!」
 それを聴いた船屋の徳兵衛が向こう鉢巻に出刃包丁の艶姿で鐘と木魚の衣ほすちょう天の香具山音楽を奏でながら貝紫色の駱駝を引いて現れた。お伴には紙洗橋で漉いたばかりの紙を冷やかしていたすっとこどっこいの三下奴が付かず離れず従っている。いざとなれば風を食らって逃げちまえばいいような瘋癲ばかりである。(おじゃんは鳴らない。火焔太鼓のお成りお成り)

ソス・ド・ヴィは
オー・ド・ヴィへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
[PR]
by enzo_morinari | 2012-11-07 23:00 | Show-Do No Raku-Go | Trackback