カテゴリ:Spirits of Steel( 2 )

Spirits of Steel#2 ラヂヲ・アクティヴィティーズ対ビューティフル・スティーラーズ

 
c0109850_5183476.jpg

 
巨大な群青色の鉄太鼓をかついだ鉄板馬鹿のアッと驚くタメゴローが真っ黄色のドラム缶でできた愛國87号戦車でやってきた日の朝。

街の住人たちはやがてくる破滅の日の序章の始まりを目の当たりにして一人残らず竦みあがっていた。誰憚ることもなくその場に脱糞する者が続出した。だが、それとて街を取り囲むようにある放射性廃棄物最終処分場の汚れに比べればどうということはない。そもそも、放射性廃棄物最終処分場を諸手を上げ、街を挙げて誘致したのは当の住人たちである。

私はと言えば、すでにしてアンディ・ナレルのビスケットの空缶世界における極小の秘密群を解読する日々を生きはじめており、そのあいだ、タンブー・バンブーによる『ウインストン・スプリー・サイモンの子守唄』がずっと聴こえる不思議不可解をようやく受容できるようになっていた。

巨大な群青色の鉄太鼓をかついだ鉄板馬鹿のアッと驚くタメゴローの憤怒と憎悪がひとつの塊りとなって真っ黄色のドラム缶でできた愛國87号戦車に憑依して、街を轟音をあげながら縦走横断し、人々を恐怖のどん底に叩きこむ光景がはっきりと見えた。


スティールパンで鉄の意志を調理する日々は6月23日月曜日22時23分42秒(JST)に始まる。


Don't Look Back - Andy Narell
 
 
 
c0109850_1510508.jpg

 
ラジオアクティヴ・シティを代表するニュークリアボールのチームはビューロ・クラスターズ、ラヂヲ・アクティヴィティーズ、ビューティフル・スティーラーズだ。この3チームにやや遅れをとるかたちでニュークリア・ウェイスターズとインダストリアル・ウェイスターズ、パノラマ・ダンサーズ、ボート・ピープルズ、そしてアトミック・ボムズがある。

ビューロ・クラスターズ、ラヂヲ・アクティヴィティーズ、ビューティフル・スティーラーズの3チームは実力伯仲である。残るチームはほぼ互角拮抗している。

ラジオアクティヴ・シティのニュークリアボール・リーグには1部2部3部併せて42のチームがある。1部リーグ12球団、2部リーグ12球団、3部リーグ18球団。目下のところ、テクノクラートとアメリゴ・ベスプッチ帝国の全面支援を受けるビューロ・クラスターズが4連覇中である。

c0109850_5203761.jpg

ラジオアクティヴ・シティに並ぶものなきアスホール野郎、精神科医のイディオサヴァン・モロン氏はニュークリアボール界の守護聖人とも目される人物であって、ラジオアクティヴ・シティ・ニュークリアボール機構の理事長である。そのポンコツボンクラヘッポコスカタンデクノボウぶりはラジオアクティヴ・シティ住民のあいだにつとに知れ渡っている。また、イディオサヴァン・モロン氏はナベツネこと読売国奴新聞社主兼老害且つ瘋癲・ワタナーベ・ツネーヲの金魚の糞である。

それにもかかわらずイディオサヴァン・モロン氏が精神科医として糊口をえることができるのは、ラジオアクティヴ・シティ住民の大半が深刻なメンタル・ディスオーダーを抱えているからである。ラジオアクティヴ・シティ近隣の人々はラジオアクティヴ・シティをメンヘラ・シティと呼ぶほどだ。なぜラジオアクティヴ・シティ住民が重篤の精神疾患を抱えるようになったのか? 理由はいずれわかる。


今夜はラヂヲ・アクティヴィティーズ対ビューティフル・スティーラーズの因縁の対戦がある。このプラチナ・チケットを手に入れることができたのはAKT42(悪党42)の拳骨会におけるチェーンソー・ダンスのコンテストで優勝したからだ。

c0109850_519665.jpg

Baby Steps - Andy Narell ("Tatoom" 2006)
 
[PR]
by enzo_morinari | 2014-05-26 05:21 | Spirits of Steel | Trackback

Spirits of Steel#1 馬鹿が真っ黄色のドラム缶でできた戦車でやってきた。

 
c0109850_1510508.jpg

 
巨大な群青色の鉄太鼓をかついだ鉄板馬鹿のアッと驚くタメゴローが真っ黄色のドラム缶でできた愛國87号戦車でやってきた日の朝。

街の住人たちはやがてくる破滅の日の序章の始まりを目の当たりにして一人残らず竦みあがっていた。誰憚ることもなくその場に脱糞する者が続出した。だが、それとて街を取り囲むようにある放射性廃棄物最終処分場の汚れに比べればどうということはない。そもそも、放射性廃棄物最終処分場を諸手を上げ、街を挙げて誘致したのは当の住人たちである。

私はと言えば、すでにしてアンディ・ナレルのビスケットの空缶世界における極小の秘密群を解読する日々を生きはじめており、そのあいだ、タンブー・バンブーによる『ウインストン・スプリー・サイモンの子守唄』がずっと聴こえる不思議不可解をようやく受容できるようになっていた。

巨大な群青色の鉄太鼓をかついだ鉄板馬鹿のアッと驚くタメゴローの憤怒と憎悪がひとつの塊りとなって真っ黄色のドラム缶でできた愛國87号戦車に憑依して、街を轟音をあげながら縦走横断し、人々を恐怖のどん底に叩きこむ光景がはっきりと見えた。


スティールパンで鉄の意志を調理する日々は6月23日月曜日22時23分42秒(JST)に始まる。


Don't Look Back - Andy Narell
 
[PR]
by enzo_morinari | 2014-05-25 15:11 | Spirits of Steel | Trackback