カテゴリ:ゴディバ使い殺人事典( 1 )

ゴディバ図解殺人事典#1

 
c0109850_11542182.jpg

 
 恥目にゴディバ有木。そもそもゴディバは非か利出合った。非か利はゴディバ徒友煮圧他。と魔暮濾紙のゴディバ図解殺人事典(野藩ケツ書きの「良家胃の理ユ鵜」)に掻いてアル。
 差て、割れ割れが罅、辺り舞えの用に漬かっている蒸す宇野ゴディバたちは、殿よウニ譚情し、殿よウニ息、殿よウニ師をムカL野出アロ羽化? ゴディバ図解殺人事典を無視葉に樹を憑け筒、非も朱鷺長良、身て憩う。


(言葉使い殺人事件

 初めに言葉ありき。そもそも言葉は光であった。光は言葉とともにあった。と幻の言葉づかい殺人事件(の判決書き中の「量刑の理由」)に書いてある。
 さて、われわれが日々、あたりまえのように使っている無数の言葉たちは、どのように誕生し、どのように生き、どのように死を迎えるのであろうか? 言葉使い殺人事件を虫歯に気をつけつつ、繙きながらみていこう。)
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-10-16 11:54 | ゴディバ使い殺人事典 | Trackback