カテゴリ:ドリーミーな意志のスタイル( 4 )

ドリーミーな意志のスタイル#4 妄想ベンチに関するいくつかのこと

 
c0109850_1224766.jpg


昔々の大昔。世界の果てのだれも知らない島の森の奥に花や鳥や動物たちの楽園があった。その楽園には虹を食べる7匹の小鬼が住んでいた。タカナカ族の人々はその楽園を「虹の楽園」と呼び、強く憧れ、深く敬った。妄想ベンチは虹の楽園からやってきた。E-M-M


いつかは虹の楽園について話さなければならないと思いながら、42年が経ってしまった。虹の楽園の天候や光の具合や風向きについて。特に虹の楽園とアンドレ・リュウの義理の弟のサウダージ・ジウが降らせる慈雨との関係について。

小学校3年生、8歳の夏に経験した不思議な出来事をずっと胸の奥に秘めて生きてきた。私が経験したことを口にすれば周囲のおとなたちや同級生や底意地の悪いオールドミスの宮本という教師にひどい目に遭わされると思って私は口をつぐんだ。

彼らは私が無口だと思っていたらしい。実際、私は人前でほとんど喋らなかった。口を開くのは物を食べるときと息を切らせるくらいに走るときと『カエルの歌』をうたうときくらいだった。

『カエルの歌』をうたうときは周囲にいる者がびっくりして後ずさりするほど大きく口を開けた。『カエルの歌』をうたうときに大きく口を開けるのは、当時、朝から晩まで、縁の下だろうと薄暗い体育倉庫の中だろうとサンドマンが息を潜める闇の中だろうと、まばゆいほど緑色に輝く黄金のカエルが数少なくたいせつな友だちだったからだ。

黄金のカエルは私が『カエルの歌』を口を大きく開いて大声でうたうと、手足をばたばたさせてとてもよろこんだ。すかんぽの茎を笛に見立てて『カエルマン・クラブのうた』を演奏してくれることさえあった。黄金のカエルの『カエルマン・クラブのうた』を聴くとすごく元気が出た。

ところで、私の無口を茶化したり、馬鹿にしたり、揶揄した者は例外なくむごたらしく不審な死を遂げた。特に、底意地が悪くて、太ったマントヒヒのような顔をしたオールドミスの宮本という担任の教師は、背中と腹、脚と腕とが入れ替わり、目玉がメダカに変わり果て、口びるには1万1千本の鞭とペンチが生え、髪の毛はオヅラトモアキに強奪されたうえに、頭皮に便所紙ヒコーキの絵を描かれるというひどい有様で小学校の脇を走る京浜急行の線路の土手で黄色い十字架に磔にされて死んでいた。

宮本と愛人関係にあった小学校の校長と町内会長を除いて、宮本の死を喜ばない者はいなかった。だれもがなにかしらのかたちで宮本から嫌な目に遭わされつづけていたからだ。

私がまともに口を開き、猛烈な勢いで喋りだしたのは妄想ベンチとの出会いがきっかけだった。そのころ、私は屋根裏部屋の真夜中の散歩相手である人間椅子に座ることにも飽きて、新しい椅子を探していた。

私は宇宙を支配する巨大な意志の力の導きによって町外れを流れる川(本当の名前は「中村川」だが、私は「外縁川」と呼んでいた)の川沿いを歩いているとき、それまでに何遍も歩いている道の路地に覚えのない風景が突如現れた。その風景はとても殺伐としていて、地面は荒れ果て、すべての植物が茶色く枯れていた。その不思議な風景の真中に妄想ベンチはいた。

外縁川はおよそ人間が生活するには似つかわしくないポトラッチ・トーテムポールが規則正しく並べられていて、たいていの通行人に冷水を浴びせた。その冷水は実際、とても冷たかった。だれもいない夏の盛りのプールサイドとおなじくらいに。

妄想ベンチと出会ったときも、わたしは外縁川に臭くて酸っぱくて憎悪に満ちた冷水を頭のてっぺんから爪先までたっぷり浴びせられていた。

「かわいそうに」と妄想ベンチは言った。
「うん。でも、いつものことだ」
「話してごらん。どんなことでもいいから」
「笑わないかい? 馬鹿にしたりしない?」
「しないよ。約束する」

そして、私は喋り、吐き出しはじめた。8年間の人生を生きてきたあいだに私の中に巨大な嵐のように渦巻き、膨らみつづけた言葉の塊りを。

15分ほども妄想ベンチを眺めていると妄想が次から次へと膨らんできた。彼がまだ新しかった頃のこととか、この荒れた道の傍らに来るようになった経緯とか、この場所に来てから最初に座ったのはだれだろうかとか、ファニカとチャンチャンのならず者コンビは座らなかったかとか、これ見よがしにぶら下げているアズカバン鞄は本当は中身は空っぽのくせにたいへんなお財宝が入っているとみせかけて多くのひとを手玉にとり、だまくらかして身ぐるみ剥がしてしまう詐欺師の婆さんに狙われなかったかとか。あるいは、まちがいなく、私が見つける前に妄想ベンチに話しかけたひとがいたにちがいないから、その話しかけたひとはいったいどんなことを話したのか。愚痴? 自慢話? 小言? あるいは、妄想ベンチに恋したひとはいないのかとか。

すっかり妄想ベンチを眺め、妄想ベンチのあらかたについて観察分析をすませてしまうと気分は外縁川にいやな冷水を浴びせかけられたときよりずっと良くなっていた。

かれこれ1時間ちかくも妄想ベンチと話しこんでいるあいだに、通りはにわかに活気づき、私と妄想ベンチのまわりには人だかりができていた。妄想ベンチは身寄りのないホームレスや孤独な老人の話し相手になり、雀を蹴飛ばし、踏みつぶすことでようやく世界との絆を確認しているスペイン人やアスペルガーの夫を持つかわいそうな妻の愚痴の聞き役になった。さらには、こどもの遊び相手をし、ときには子守まですることさえあった。

妄想ベンチの出現によって街はその不確かな壁を少しずつではあるけれども低くし、ついには跡形もなく消し去った。妄想ベンチのおかげで街全体が活気に満ちた。次のオリンピックを招致しようという話まで持ち上がった。

そんな最中に妄想ベンチは突然消滅した。街のだれもが残念がったが、妄想ベンチの消滅によって一番打撃をうけたのは私だった。妄想ベンチの消滅とともに、私は元通りの滅多に口を開かない風変わりなこどもに戻った。そして、42年を経て、妄想ベンチは思いもよらないかたちで私の前に姿を現したのだ。

「やあ。ひさしぶり」と妄想ベンチは言った。
「やあ。ひさしぶり」と私は答えた。
「なにから話してくれる?」
「なにからなにまで」
「うん。それがいい」

そして、私は42年のあいだに私の人生に起こったことをなにからなにまで話しはじめた。
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-08-06 12:24 | ドリーミーな意志のスタイル | Trackback

ドリーミーな意志のスタイル#3

 
c0109850_2531270.jpg


オリノコ河でインカ・コーラを飲む夢をみなくなってからというもの、生きてゆくフギンと死んでゆくムニンとカラダがZEROになるフシギと空っぽの妖精のフジンがそばを離れない。「蕎麦屋は近所と相場が決まっている」とほざくヤルキ・ブリキの太鼓屋ガジンも。夢みる頃を過ぎても林真理子は激烈にブスだし、不機嫌で作りすぎ繕いすぎ寛ぎすぎの夢みるユメコの非マヌカ・ハニーなマヌコは逆ルンルンに猛烈にサクイ。E-M-M


驚くべきは「ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vを呼び出せ」という2013年の世界中の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールの唐突な申し出(というよりも、命令)ではなく、彼女が私がドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vを召還できることを知っていることだった。この世界でドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vを召還できるのは私だけだし、そのことを知るのは私しかいないからだ。なにしろ、ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vは私の夢の中だけの存在であり、ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vの存在(夢の中に登場するものを果たして「存在」と言いうるのか否かの議論はこの際置くとして)を知るのもまた私だけだからだった。

c0109850_2543168.jpg

しかし、そのことを言ったところで事態がいい方向にも悪い方向にも行かないことはあきらかだったので、私はドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vを召還することにした。

右の第5肋骨と第6肋骨のあいだにある傷痕をドクターペッパーの薬品臭のする複雑な味を思い浮かべながら撫でる。正確に4分42秒後にドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vは独特な薬品臭とともに虚空から降って湧いたように出現する。そう。まさにKOBE COLORSの國安太郎左衛門が日々いじくりまわしている万願寺唐辛子が降って湧いたように。あるいは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズがロックの殿堂を破壊し、血糖値のアブノーマルセックス・マジックとギターのタートルヘッド部のカリクビカリウム余弦によって世界を混沌と倒錯とヒレル・スロヴァクのディープ・ドープ・ループのただ中にアベノミクスチャーしようと企んでいるかのごとくに。敷衍にもほどがある。

「やあ! みんな! きょうも元気にドクターペッパーしてるかーい! ヘロでへろへろはいただけないよー! 梅島陸橋が崩落しちゃうよー!」

ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vはいつもどおりの軽佻浮薄きわまりない声を張り上げて出現した。部屋中に万願寺唐辛子とレッド・ホット・チリ・ペッパー・ステーキの肉汁と愚か者クラブの部室をアルゴノミクスチャーしたようなヘロインディゴ・ブルーな匂いが撒き散らされた。

ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vの傍らに妄想ベンチが恥ずかしそうにうずくまっている。いつも文句ばかり言っているセローニアスな板金屋のキミハファンキーモンキーベベー・モンクスの親父を座らせて。

c0109850_2545017.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-08-06 02:55 | ドリーミーな意志のスタイル | Trackback

ドリーミーな意志のスタイル#2

 
c0109850_8101694.jpg


世界と個別具体的な存在と個的幻想を脅かす「夢」もある。E-M-M


2013年の世界中の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールとまず初めにしたことは1990年の冬の終りから行方不明になっていた『夢の本』を探すことだった。

「『夢の本』を探す過程であなたの夢のかけらはみつかるから。きっとみつかるから」と2013年の世界中の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールは言った。

「わかった。根拠はなにひとつないけど信じるよ。きみの瞳の色は十分信じるに値する。生まれてこの方、なにひとつ信じてこなかったこのわたしがね」
「そうね。そして、『夢の本』を見つけだして、あなたの夢のかけらをひとつ残らずひろい集めて繋ぎあわせてジグソーパズルを完成させたときに、あなたは信じるに値する確かなものとめぐりあえるのよ」
「なんだか夢のような話だな。それとも、まだ夢をみてるのかな? 夢の中にいるのかな?」
「ここでアンドレ・カンドレくんの歌でも聴こえてきたら、それは夢の中のことでしょうけどね。これはまちがいなく現実のことなのよ。"夢"が重要なタームではあるけどね」
「O.K. で、手始めにわたしはなにをすればいい?」
「ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vをここに呼び出してちょうだい」

ドリーミーな意志のスタイルを持つ2013年の世界中の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールは平然と言い放った。表情から、それまであった柔らかさがきれいさっぱり消え失せていた。冷酷さと残忍さがフランクフルト式キッチンの収納棚とシンクように機能美さえたたえて同居していた。
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-08-05 08:10 | ドリーミーな意志のスタイル | Trackback

ドリーミーな意志のスタイル#1

 
c0109850_953196.jpg


その涙の分だけ夢に出会える。その笑顔の分だけ夢が描ける。
そのやさしさで幸せに近づける。その自分らしさだけが君を救える。
D-T


J.S.バッハの『マチュウ・パッション』をフーリエ変換しつつ聴き終えて、「死の必然」の仕組みを完璧に理解するという第一主題部に深く共鳴し、通底和音のピンク・ノイズと倍音のホワイト・ノイズ、そして、変奏のブラック・アウトが頭の中で残響しつづける木曜の午睡。

いつものようにドクターペッパー自動販売機の夢をみていた。ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vはいつもどおりに無口でスクエアで臙脂色だった。

ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-Vが置かれている家は向日葵が開花していることと自動車が1986年型の白いサニーからシルバー・メタリックの PORSCHE356 ROADSTER にかわっていることのほかはすべていつもどおり。電信柱も上空10000メートルを飛行するボーイング 787-8 ドリームライナーも角の加藤たばこ屋にA4コピー用紙のピンチヒッターとして婿養子に入ったビッグフェイス・ガジン・フロム・アプリコットアイランドもその愛人の日飛ハーフのクミちゃんもならず者命知らずのファニカとチャンチャンも過不足なくそれぞれの役回りをいつもどおり淡々と演じていた。

c0109850_9533814.jpg


見上げる夏の空は意外にも青く強く澄んでいた。ドクターペッパー自動販売機のMr. D-P-VとPORSCHE356 ROADSTERと夏の青く強く澄んだ空を順番に眺める。金属的な熱を額のあたりに感じて空を見上げるとボーイング 787-8 ドリームライナーが飛翔していた。巨大な熱源だ。

カーボン・ファイバーでできたワイドボディーの美しい機体にしばしみとれたあと、熱源について考えてみる。真剣にだ。暇つぶしでも退屈しのぎでもなく真剣に。ある意味では命がけで。ボーイング 787-8 ドリームライナーの中の乗員と乗客は命がけで高度10000メートル上空を移動しているのだから、それが礼儀というものだ。

「音速」と口に出してみた。「スーパー・ソニック」とも。少しだけくちびるが気持ちよかった。音速。1225km/h。秒速340.277778メートル。ベリリウム換算縦波12890m/s。それらの冷厳冷徹なリアリティにわずかな妄想を加えることで予想もしなかった眩惑の領域に足を踏み入れることができる。たとえばこんなふうに。

ホワイト・ノイズとブラック・アウトが交錯し鬩ぎあうアルファ・ポイントを目指してまっしぐらに疾走すること。
揺りかごを揺らすうす紫色の手に握られた白と黒のナイフでみずからの頸動脈を平然と一直線に切り裂いた女との再会を夢想すること。


耳を澄ますと、明日には幾千億の死にざまをさらす蝉どもが息もできぬほどに鳴き盛っていた。そして、ドリーミーな意志のスタイルを持つ女、2013年の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールが肩を叩いた。ヒマラヤ矢車菊のように深くて神秘的な瞳でじっとみつめられると全身が小刻みに振動した。

その涙の分だけ夢に出会える。その笑顔の分だけ夢が描ける。

2013年の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールは身じろぎひとつせずにそう言った。「夢はとっくの昔に粉々に砕け散った。跡形もなくだ。今では手持ちの夢はひとつもない」と私は答えた。

「その粉々に砕け散った夢のかけらを一緒に探して、ひとつ残らずひろい集めるのよ。そして、ジグソーパズルを完成させるの。夏が終わるまでにね。それがあなたの夏休みの宿題」

遠くで運命の泡が弾けたような音がシテ島の左岸からして夢からさめた。いつもよりずっとまぶしい窓辺に目をやると、2013年の世界中の夏からすべての熱を奪い去るファム・ファタールが立っていた。ヒマラヤ矢車菊のように深くて神秘的な瞳でじっと私をみつめて。

2CELLOS - Benedictus

c0109850_10163514.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-08-02 06:59 | ドリーミーな意志のスタイル | Trackback