カテゴリ:Change/Matrix( 1 )

トリプル・トリック・ドリブルの魔術師、サー・スタンリー・マシューズのオクタヴィオ・パス

 
c0109850_10193498.jpg


太陽は物質をエネルギーに変える。マトリックス・ソルは精神を物理法則から解放する。 E-M-M


泥の子供たちによってトルソーにされた野性味たっぷりの月が南新宿の路地の木の幹の根方のソルーナで巨大なオムライスを煌々と照らし出したとき、弓と竪琴が隠された孤独の迷宮の扉は開かれる約束だった。そのことをブエルタ・ア・エスパーニャで象のパオパオに麦酒を飲ませすぎて落車し、失格、レース除外経験を持つマキ・サエグーサ・クロード・レヴィ・リヒャルト・シュトラウスに言うと、マキ・サエグーサ・クロード・レヴィ・リヒャルト・シュトラウスの答えはまったくもって人を喰ったものだった。

「その件はオクタヴィオ・パス。なにがなんでも、ジョー・パス。マーサー・ガーサーがでんぐり返ししても、新わらしべシステムの評価がうなぎ下がりしても、コンラート・ゴアレーベン・アッセが岩塩採掘でひと山当てても、千代田区永田町1丁目7番1号に仮所在の国会議事堂/烏骨鶏養鶏場が放射性廃棄物の最終処分場になったとしても、イソップのの新饗宴がアイソトープ・パーティに様変わりしても、パズーの好きなオーパス・ワンが1グラス2バルスターラーになっても、リュシータ・トエル・ウル・ラピュタがラ・クンパルシータ・デラルス・エリ・エリ・レマ・サバクタニに改名しても、ラピュタの滅びの言葉が大いなる文法学者の猿による当事者適格並びに訴訟適格の瑕疵を理由としてバズーカ砲が阿倍野区アベノミクスにクロスオーバー・イレブンされても、バルカン半島一の鶏冠料理のムサシでムサカを食べすぎて肥満したムスカが睡眠時無呼吸症候群によるナルコレプシーでインドラに決闘を申し込んだ果てに返り討ちに遭って、死に際にリテ・ラトバリタ・ウルスアリアロス・バル・ネトリール/われを救けよ、光よよみがえれとほざいたとしても、ソル・フアナ=イネス・デ・ラ・クルスがアガペーとエロティシズムのダブル・スタンダードのフレームに焼きつくされてインドの薄暮のように世界から立ち消えてその生涯を終えたとしても、マイル君とパプ谷のクリマロ君が砂漠谷の迷宮で迷子になっても、マックス・エルンストがアンドレ・ブルトンとのシュルレアリスム論争に敗北して青いポラリス・ポリデント・トライデントと雷電為右衛門のネコ・ピロシキにされたとしても、詩と世紀末に関するサン・ポル・ルーの少年ナイフとなって村々の果実に侵入するもうひとつの声が岩波ホール支配人の葡萄酒マニア高野悦子の二十歳の原点墓標に突き刺さったとしても、トリプル・トリック・ドリブルの魔術師にして誰にも止めることができない男、鷲か太陽かの二者択一を迫られたサー・スタンリー・マシューズがオクタヴィオ・パスをボビー・チャールトンに送るとみせかけて、実はマシューズ・ファイナルを抛棄してペトロナス・パトロナス・バロンドールに対する一斉蜂起を先導したとしても、すべて、完全無欠にオクタヴィオ・パス。夏の盛りに真鶴で溺れてパス・アウェイしたたこ八郎のために宅八郎園長の託児所に寄付。ついでに赤い十月革命もパス。どさくさにまぎれて西浅草の怪しく妖しいスナック『ペンタゴン』の請求書もパス」
「以上?」
「うん」
「おまえの寝言たわ言のあいだに世界中のゲームというゲームはゲームセットしちゃったぜ。骨折り象のクタヴィ・レマルクだったな」
「ふん。それなら、これでどうだ!」

言うなり、マキ・サエグーサ・クロード・レヴィ・リヒャルト・シュトラウスはゾロアスター仕込みの美しく燃えさかるフォームで右脚を一閃し、足元のラディオアクティヴ・マークとバイオハザード・サインが入った黄色いドラム缶を虚空に向けて蹴り飛ばした。

「これが本物のオクタヴィオ・パスだ!」

かくして、世界崩壊のカウントダウンはいよいよわれわれの前にくっきりとその姿を現すこととなったのである。遠くでF-1, 2, 3の井戸の弾け飛ぶ音が聴こえた。
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-08-10 10:20 | Change/Matrix | Trackback