カテゴリ:I am no one.( 3 )

I am no one#3 セクシーでタクシーでジバンシィでゼクシィでミクシィな話

 
c0109850_15463013.jpg


2004年の夏に最終の山手線が去ったあとの田町駅駅前で筆舌につくしがたいほどセクシーな妙齢の御婦人と乗り合いタクシーに同乗した。年の頃30代半ば。セクシーな彼女はタクシーが動きだしてしばらくするとジバンシィのロゴマークがこれみよがしにプリントされたトートバッグから雑誌を取り出した。リクルート発行の『ゼクシィ』だった。ことはそれだけでは終わらない。

「mixiって御存知ですか?」

突如、乗り合いタクシーに同乗しているうえにセクシーでジバンシィのロゴマークがこれみよがしにプリントされたトートバッグからゼクシィを取り出した彼女がたずねてきた。

「SNSの?」

私はかなり動揺しながら答えた。

「そう」
「名前だけは。でも、ID登録はしてません。なんだか胡散臭くて。カルト宗教みたいで」

私はやや冷静さを取りもどして言った。

「よろしかったらこれ」と乗り合いタクシーに同乗しているうえにセクシーでジバンシィのトートバッグからゼクシィを取り出した彼女は名刺を差し出した。名刺には「株式会社ミクシィ 取締役顧問 笠原メイ」とあった。

「笠原メイさんて、『ねじまき鳥クロニクル』の?」
「そうよ」
「やっぱり。あれですか? 岡田さんの家に下宿してて、亨さんと不倫していて、クミコさんとはレズビアンの関係で、岡田さんの家の屋根か洗濯物干し場で毎日毎日日光浴して、亨さんに対してはつねに命令口調で、上から目線の態度を取っているというのは本当ですか?」
「全部うそで本当よ」
「亨さんがカラマーゾフの兄弟の名前をすべて言えて、炊事、洗濯、掃除などの家事が大好きで、毎日欠かさずスイミング・プールに通っているというのは全部本当ですか?」
「全部うそよ。真っ赤なうそ。デタラメ。あんな怠惰で不誠実な人間はいない」
「亨さんと別れたんですね?」
「いまの夫よ」
「あなたは本当はだれなんですか?」
「笠原健治の妹にして”足跡の妖精あるいは化身”よ」
「なるほど」
「わたしのマイミクになりなさいよ」

笠原メイは急に「上から目線」になって言った。それは拒否しようのない命令の類いに思われた。

「ええ。暇なときにでも。第一、ID登録もしていませんしね」
「登録なさいよ」
「はい。いずれ」
「今すぐよ!」

乗り合いタクシーに同乗しているうえにセクシーでジバンシィのトートバッグからゼクシィを取り出したミクシィの”足跡の妖精あるいは化身”である彼女は憤慨したように言った。そして、2004年の夏世界には存在しないはずのiPhone 5を虚空の薄闇から取り出した。

「これでわたしにマイミク申請しなさい」

笠原メイの口調はさらに命令的になっていた。いや、命令的というよりも、すでに100パーセント命令だった。しかも、その命令には私の人生に躊躇なく踏みこんでこようとする強固な意志の力が感じられた。私はそれまでの人生でそうしてきたように自分自身の魂に警戒警報を発令した。そして、これ以上事態をどの方向にも進ませないために一番ふさわしい言葉をごく自然に伝えた。

「はい。わかりました」

私は乗り合いタクシーに同乗しているうえにセクシーでジバンシィのトートバッグからゼクシィを取り出したミクシィの”足跡の妖精あるいは化身”である彼女から2004年の夏世界には存在しないはずのiPhone 5を受け取り、ミクシィにログインし、ID登録をすませた。ニックネームは「歩行する貝殻」にした。それから、笠原メイの名刺に載っている彼女のmixi IDを入力してページを開き、マイミク申請した。笠原メイはミクシィのプロフィール画像より本物のほうがずっと美しくてセクシーでジバンシィでゼクシィだった。これは保証できる。

「申請しましたよ」

言ったが、もはや笠原メイの姿はねじまき鳥と泥棒かささぎの塩焼きのようにきれいさっぱり消えていた。

「運転手さん! 彼女は?!」
「彼女?」
「うん」
「お客さんは最初から一人だったがですが」

運転手の顔をバックミラー越しによくよく見ると羊男だった。羊男タクシー運転手の額には「ミクシィ不倫断固粉砕!」と黒の油性マジックで書かれていた。ダッシュボード左隅のタクシードライバー登録証には「笠原亨」とあった。

ミクシィに登録してからというもの、実に不思議で胡乱で厄介で跛行的で痙攣的で愉悦的で快楽的で衝動的で1指パッチンに65刹那的で不愉快で愚劣で卑劣でナンセンスなことばかりが立てつづけに起こった。よかったのは高畑勲とのパイプができたことくらいだ。そのような次第で、私のミクシィのIDナンバーは一桁だ。

乗り合いタクシーに同乗していたうえにセクシーでジバンシィのトートバッグからゼクシィを取り出したミクシィの”足跡の妖精あるいは化身”である笠原メイが虚空の薄闇から取り出した2004年の夏世界には存在しないはずのiPhone 5はいまも私の手元にあり、重宝している。料金の請求はないし、利用料金をまったく払っていないにもかかわらず、iPhone 5はなんらの問題もなく使える。きっと、笠原メイが虚空の薄闇から2004年の夏世界には存在しないはずのiPhone 5を取り出したときのように、なにかしらのことをしているんだろうと思う。

笠原メイとはいまでもマイミクだし、ときどきメールやミクシィ・メッセージのやりとりもするし、電話で話したりもする。上から目線、命令調は相変わらずだ。電話のうしろから「めし喰わせてほしいがですが」という羊男タクシー運転手である笠原亨の声が聴こえることもある。たぶん、世界は2004年の夏とそれほど変わってはいないんだろう。それはそれでよろこぶべきことなのかもしれない。

セクシーでタクシーでジバンシィでゼクシィでミクシィなミステリーだと思えば人生が幾分かはファニーでファンキーになる。アベノミクスがアベノミクシィにでもなれば、その影響でミクシィ社の株価が騰がって笠原メイは海辺のカフカ・レストランでリスキーでトリッキーでキャッチーでジューシーでスムージーでアーシーでギャラクシーでマーシーでチャーミーでナンシーでティファニーなナイーブ・ロースハムのステーキくらいはごちそうしてくれるかもしれない。本牧のリンディの経営を任せてくれたりしたら、もう気分はホーミーでバグジーでブルージーでグルービーなのだが、そこまで望むのはクレイジーと思うしー。

c0109850_15513244.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-08-19 15:51 | I am no one. | Trackback

huluの広告のUGLY BETTYねいちゃんのJ-Bケロンパなブスっぷりが気になってしかたない夕暮れ

 
c0109850_18504085.jpg

 
6時間早いがジェリー・マリガンの『Night Lights』1963 Versionを聴いている吾輩である。ビッグ・フェイス・ガジン・フロム・アプリコットアイランドの暗躍ぶり鞭っぷり縛りっぷりを確かめてやろうかいということで、阿藤快でないほうの阿藤海を軒下に呼びつけて、アリン・スエツングースカにアゴ・メガトンをブッ喰らわせるように申しつけたところが、阿藤快でないほうの阿藤海の野郎が神妙な面持ちで林海象と同衾して夢みるように眠りたいなどと言いだすので、仕方なく横浜中華街チェッカーズ・バーの元海兵隊兵士ジージに電話したところが生憎にも桃井かおりが居座ってやがって手が離せないという始末。桃井かおりときた日にはあっちこっちで鼻づまり糞づまりゼニカネづまりを起こさせやがってまったくろくなことをしやがらない。ヤりすぎで眼の下真っ黒黒須家をなんとかしてから金貸しと化粧品屋のCMに出ろよな、大物女優さんよ。真行寺君枝の揺れる眼差しに免じて風の歌を聴かせてやらないこともないが、小林薫と懇ろになろうてえのはちと料簡が太すぎるぜ。そんなこんなの梅雨明け初日の夕暮れにいきなりhuluの広告のUGLY BETTYねいちゃんのJ-Bケロンパなブスっぷりに身の毛もよだつ吾輩を尻目にビッグ・フェイス・ガジン・フロム・アプリコットアイランドは日飛ハーフのクミちゃんとコメダ珈琲店の座り心地が良すぎる椅子で二人人間椅子と洒落こんでいやがるというじゃあねえかよ。孤独な散歩者の夢想の始末を吾輩に押しつけておいてそれはなかろうよ。こうなってはジェリー・マリガンの『Night Lights』1963 Versionを聴きながらhuluを無音で鑑賞することとする。世紀末だなあ。ファン・ド・シエクル銃とファーバーカステル『アルブレヒト・デューラー水彩色鉛筆120色セット(木箱入り)』が欲しいなあ、夏。I am no one.
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-07-06 18:52 | I am no one. | Trackback

I am No One#1 赤いスカーフをした緑色のカエルに恋した涙のワンサイデッド・ラヴ

 
c0109850_822025.jpg


My Name is Ian Moone. I am No One. Ian Sqweegel Moone


どうやら恋しちゃったみたい。食欲がみるみるうちにおちていく。ごはんがまともにのどを通らない。わたしが恋した相手は小説家。会ったこともない。声を聴いたこともない。ネットで知ったひと。顔も声もわからない相手に恋をする? まさか!わかってる。そんなこと。でも……。

ネットで恋をするのは二度目の経験だった。わたしはそのひとのことをネットのブログを通じてしか知らなかった。プロフィールがとにかくすごくて、そこから推測するとかなりの人物か変人かイッチャッテルひとという印象。でもねえ、ネットは自己申告だから。どこまでがほんとかわからないし。はじめのうちはそう思ってやや斜にかまえて更新されるブログを読んでいた。小説っぽいのやエッセイ、哲学論文のようなのや社会派っぽいの、ちょっとドキドキして鳥肌がたっちゃうような怖いのやエトセトラエトセトラ。

わたしはそのひとのブログを最初から時間を追ってむさぼるように読んだ。読んでも読んでも追いつかない。なにしろ、そのひとのブログの更新のすさまじさときたら嵐のようだった。1日に3回も4回も。かなりの気分屋さん、気まぐれな性格のようで、コメントがついてもユーモアたっぷりにリコメントするかと思うと、次の日には無視、スルー、なしのつぶて。かと思うとシャープで気のきいた1行のコメントを返したり。ブログを読み、コメントを読むたびにどんどん魅かれていくわたし。こんなひとはいままでの人生で会ったことがないと思った。すくなくともわたしのまわりにはいなかった。

ネットでは過去に一人だけいた。わたしのネットの初恋のひと。でもだめだめ。ネットの世界、バーチャルの世界だけのことよ。実態はとんでもない悪人かもしれないし。そう自分に言い聞かせてはみるものの、そのひとにというかそのひとの文章や不思議な世界観や美意識にどんどん引き込まれていくわたし。大学院までいって英米文学をはじめとしてかなり文学書を読み漁ってきたわたしですらあいた口がふさがらないほどの世界をそのひとはほぼ毎日、めまぐるしいほどの数のキャラクターや世界を提示して作り上げていた。

もう読むのはやめよう。クリックしなければいいだけのことよ。しっかりしなさい! でもだめだった。気がつけばそのひとのブログのページを開いている自分がいた。コンピューターの前にいる時間が以前の倍以上になっていた。ダメだわ。完全にこれは恋の病よ。それもかなり重症の。

おもいきってメッセージを送ってみた。予想どおりなしのつぶて。メッセージを送って1週間後に返事がきた。あきらめかけていたときだった。詳しいメッセージの内容は書けないけど、文面からはとても誠実で紳士的でまじめな人柄が伝わってきた。メッセージの最後にはこう書かれていた。

手元に残っている古いものでよろしければ小生の著作を何冊かお送りします。ただし、決して住所、電話番号等の個人情報に類するものは小生宛に知らせないでください。お住まい直近の佐川急便かクロネコヤマトの営業所留めでお送りいたしますので、営業所がわかった時点で再度メッセージをください。

それとお願いですが、わたくしの著作がお手元にいってわたくしのことがあなたにあらかたわかってしまうわけですが、私の名前(筆名等)をネット等で口外されませんように。

わたくしのことがわかるブツをお送りすることにしたのは、あなたのプロフィールやメッセージやブログのテクストを読み、信頼できる方であると判断したからです。あなた以外の方からも同じようなお申し越しがかなりありますが、たいていはお断りしてきました。そのことでずいぶんとネットでも叩かれましたのでやや用心深くなっております。

小生はインターネットにおいて顔も名前も正体も素性も不明な者として、つまりはアノニマス・パースンとしてなににも縛られず、しがらみを慮ることもなく自由に表現をしていきたいと考えている者です。書物・書籍を通じての表現はもううんざりなのです。そのあたりをどうぞ御理解いただきますように。


c0109850_15204381.jpg

わたしはすぐにすべて了解であるという旨のメッセージとネットで調べて近くのクロネコヤマトの営業所名をコピペして送った。

翌日、とても丁寧でセンスのいいラッピングがされた本がクロネコヤマトの営業所に届いた。はやる気持ちをおさえて包みをあけた。著者名をみてわたしは驚きでその場にへたりこんでしまった。

わたしが中学生のころから愛読していた小説家だった。しかも、すべてに署名がしてある。さっそくお礼のメッセージを送ろうと思ってそのひとのブログを開くと、そこには日本を離れ、外国に移住する内容のことがユーモアとエスプリとウィットがちりばめられた文章と画像で記されていた。しかも、日付は2037年と2036年の4月1日。

エイプリルフール。未来のエイプリルフールからのメッセージ。胸をなでおろした。よかった。こころの底から安心した。と思ったのも束の間、そのひとは7月1日、本当に日本を去ってしまった。しかも、心憎いほどの仕掛けがほどこされたブログを残して。

わたしは涙が止まらなかった。声をあげて泣いた。号泣。そのひとのあたたかさがダイレクトに伝わってきて。こんな経験は初めてだった。ネットにある文章でも動画でもおもしろいとは思っても、号泣することなどありえない。日本にインターネットがやってきたときからネットをやってきたわたしがだ。ネットの裏表、酸いも甘いも知っているわたしがだ。

わたしの片思いの相手は遠く去ってしまった。会いたい。会って話がしたい。声を聴くだけでもいい。でも無理よね。あのひとはだれとも会わないと書いていたし。会えば夢が現実になってしまう。これほどつまらないことはないとも書いていた。たしかに。そのとおりだわ。なんでもお見通しなのね。大センセイ。と妙に納得していたきょうの昼過ぎ、そのひとからメッセージがきた。「あなたに驚くべきことを教えます」とそのメッセージは始まっていた。そこには……。

いまから20年近くも前に、当時大学生だったわたしがよくやっていたチャット・ルームのことが独特のユーモアとエスプリと知的な香りのする文章で書いてあった。そして、なんと!

c0109850_862830.jpg


あなたはBEKKOAMEチャットではペペロンチーノ・ガールというハンドル・ネームでチャットをされてましたよね?そのとき、赤いスカーフをした緑色のカエルのキャラで、アルカエルというハンドルネームの人物とチャットをしたのをおぼえていらっしゃいますか?

おぼえているどころの騒ぎではなかった。わたしがネットで初めて恋をしてしまった相手がアルカエルだったんだから!

アルカエルさんは当時のBEKKOAMEチャットでは一番の人気者だった。アルカエルさんがいるチャット・ルームはすぐに満室になった。だれもがアルカエルさんとチャットしたがった。とにかくチャットの内容がユーモアたっぷりで知的でスピード感があって気がきいていた。チャット仲間のだれもがアルカエルさんの虜になっていた。とにかく謎と不思議に満ちていた。だけど、アルカエルさんはけっして正体をあかさなかった。

いくら誘ってもオフ会には絶対に参加しない。メアドも電話番号も教えない。「吾輩はアノニマスに生きるのである!」というのが口ぐせだった。

いまから思えば20歳そこそこであるメジャーの文学賞をとって、当時はすでにプロの作家だったのだ。そりゃ、チャットでおもしろいのも納得できるわね。なにしろ知的なレベルとセンスがけたはずれだった。

文学、哲学、法律、語学、歴史、音楽、美術、政治、食、スポーツ、アウトドア、植物、動物etcetc. 百科事典みたいだとわたしは思った。しかも、そこにちゃんとオリジナルの解釈とストーリーがあった。どんな些細なことからでも物語を作り上げてチャットしてくれた。そりゃね。東大だもんね。しかも法学部。しょせんあたまのできがちがうわよ。私大文系とは……。もちろん当時はそんなこと知らなかったけど。

チャットの語り口はとにかくスマートでクールだった。「伝説の謎のネチズン」としてインターネット関係の雑誌に取り上げられたこともある。村上春樹ではないかというまことしやかな噂も立った。そして、ある日突然、アルカエルは消えた。

当時はまだインターネットの回線環境もコンピューターの性能もよくなかったし、サイトといっても数は少なくて、いまのように百花繚乱の世界ではなかった。インターネットといってもまだまだ狭かった。そのうち、アルカエルさんともネットで再会できると思っていたが、それはおおきなまちがいだった。アルカエルは完璧に消えた。ちりひとつ残さずに。あれはまぼろしだったのではないかと思えるくらいに。

アルカエルさんが消えて半年くらいはアルカエルの消息のことでBEKKOAMEチャットはもちきりだった。いまほどではないけれど、ネットは足がはやい。すぐに忘れる。忘れられる。にもかかわらずアルカエルさんが忘れられることはなかった。半年もだ。これは驚異的と言っていいことだったな。

メッセージを読んでいる最中に立ち上げていたスカイプにコールがあった。IDはalcael。もう! わたしは泣き出しそうだった。

「わたくしがあのときのカエルです」
「アルカエルさん!」
「はい」
「信じられません」
「わたくしもです」
「わたしがペペロンチーノだってなぜわかったんですか?」
「文体。リズム。句読点のくせ。修飾語の用法。目線。眼差し。吾輩は筋金入りの言語表現者ですよ。お忘れなきよう」
「スカイプのIDはどうして?」
「手持ちの情報、過去のBEKKOAMEチャットでのあなたの発言や現在のプロフィール、ブログ。それらからいくつかのIDを推定しました。3回目のコールでビンゴです」


まいりましたよ。赤いスカーフをした緑色のカエルさん。アルカエルさんにはやっぱり勝てません。今も昔もこれからも。「お会いしたいな」とタイプしたけど、「送信」ボタンは押さなかった。帰ってくる答えはわかっていたから。

あーあ。それにしても、アイ・ゴー・クレイジーだわ。こんなときに100パーセントかなうはずのない恋をしちゃうなんて。しかもおなじ相手に二度も。涙のワンサイデッド・ラヴね。今夜はひとりでヤケ酒よ。

c0109850_835990.jpg
c0109850_9152737.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-07-03 08:08 | I am no one. | Trackback