カテゴリ:ハートのかたち( 1 )

海賊の花嫁

 
c0109850_22184742.jpg


STINGの『The Pirate's Bride』が葬送の調べのかわりに流れる夜ふけの港を、海賊の骸を乗せた幻影の帆船が世界の果てに向けて滑るように遠ざかっていく。漆黒の帆が風を孕み、幻影の帆船は速度を増す。岸壁に一人残された海賊の花嫁は埠頭を渡ってきた風に身を任せている。波の音も風の音もない。あるのは深い沈黙だけだ。

美しいものを見たければ目をつぶれ。
語りつくせぬことについては沈黙せよ。


海賊の言葉が海賊の花嫁をよぎる。海賊の花嫁は海賊に沈黙の祈りを捧げている ── 。

c0109850_18503676.jpg

海賊の命の火がまさに消えようとしていた夜。海賊の名はユリス・ナルダン。海賊の枕元には花嫁衣装に身を包んだ女と年老いたミニチュア・セントバーナードがいる。

「おれが愛した女はおまえだけだ。そのことを死ぬまで忘れるな」

海賊の花嫁は静かにうなずく。黒目がちの瞳から涙がこぼれ落ちる。ミニチュア・セントバーナードの老犬が前脚のあいだに顔をうずめ、悲しげにうなる。

彼女の夢は、彼女の望みは、海賊の花嫁になることだけだった。そのことだけのために海賊の花嫁はときに剣をふりかざし、銃をかまえさえした。「海賊のそばにいられるのなら」と彼女は思いつづけて生きてきた。何年も何年もだ。

人は名もなく生まれ、そして死んでゆく。海賊の花嫁はようやくにして「海賊の花嫁」という名をえた。ユリア・ナルダンという気高い名を。その名の重さは彼女の涙と悲しみと痛みと戦いの総量に比例する。その重さを計測する秤を世界は持たない。

いまでも、世界の果てを目指す者たちが集う港にはさまよえる海賊の魂がやってくる。海賊の花嫁をともなって。

しっ! 静かに! 耳を澄ませ! 祈りを捧げろ!『海賊のうた』と『海賊の花嫁のうた』が聴こえる。彼らの輝ける漆黒の葬列が通りすぎてゆく。そろそろ、われわれも出航する時間だ。

c0109850_16483825.jpg

The Pirate's Bride by Sting

Sometimes in the light at the edge of the world
Is the ghost of a ship with it's black sail furled
And night after night she would stand on the shore
And dream of the love that she knew before

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a thought for the ways of men

We set sail for the Spanish Main
To rob the ships of the Queen of Spain
And she would be his pirate's bride
She gave him the pistol and the sword at his side

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a care for the ways of men
I'd give three ships of Spanish gold
To see my love again

Full fathom five my true love lies
In a fine wooden casket with gold on his eyes
Where is the glory and where is the pride?
Where is the joy for the pirate's bride?

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a care for the ways of men

Here in the light at the edge of the world
He'd wait for a ship with its black sail furled
And day after day he would stand on the shore
And dream of the life that they knew before

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a care for the ways of men
I'd give three ships of Spanish gold
To see my love again


 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-01-25 16:00 | ハートのかたち | Trackback