カテゴリ:黄金の羊( 3 )

黄金の羊#3「よい眠りに導く羊」をめぐる日常生活の王権の確立

 
c0109850_542054.jpg

 
 不眠症はこどもの頃からつづいている。眠りは15時間に一度くらいのペースで50分ほどしか訪れない人生の日々。災難以外のなにものでもない。おそらくは銀河系宇宙で2番目に不幸で胡乱で厄介な人生だ。だから、私は善人の中の善人になれたわけではあるが。
 そんな私のもとに先週の水曜日の夕方、「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きがやってきた。「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きは42歳。しかも永遠の42歳。42歳なのに見た目は7歳だ。
「ぼくは永遠の42歳だけどが見た目は7歳。見た目は7歳だけどが不思議な力を持った見た目は7歳の42歳です。願いごとがあるなら言いな。いますぐ」
「眠りたい。42時間ぶっとうしで」
「オーケイ。42時間でいいだがな?」
「いや。100年にする」
「オーケイ。100年だがな」
「いや。永遠に」
「オーケイ。永遠に眠らせてやるがだ」
 見た目は7歳だけど永遠の42歳で不思議な力を持った「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きはそう言ってリノリウムの床にごろんと横になった。そして、「よい眠りに導く羊の数えうた」を歌いはじめた。

 羊が一匹、ヒグマが二匹、火の玉がみっつ、キンタマはふたつ、猫のタマはサザエさんちの飼い猫、『さよなら人類』のタマのランニング・シャツのデブは西荻窪で雑貨を売ったりビミョーなアートをつくったりしてる、『さよなら夏の日』の山下達郎の顔面力は加藤ミリヤ+野村沙知代クラス、山下公園のベンチは座り心地がいい、代々木公園のバラはきれい、代々木体育館と千駄ヶ谷の東京体育館なら千駄ヶ谷の東京体育館の勝ち、勝鬨橋の真ん中で毎週水曜日の夕方5時から6時まで『新撰組のうた』を歌っているのはぼくの叔父さん、『新鮮』の記者をやっていたアリン・スエツングースカさんはJAZZ DAY BEFORE TOMORROWの編集長になったけどある水曜の午後にJAZZ DAY BEFORE TOMORROWは廃刊になりました、水曜の午後の野毛山動物園の海獣のブースでアザラシとオットセイとアシカの区別がつかなくて目をまわした目的語のない女のひとはミツユビナマケモノとマンドリルと三角関数関係、三角貿易で儲けたトアルコト・トラジャさんは午後の最後の芝刈りのバイトを途中で投げ出して死ばかり考えるようになりました ──

c0109850_571385.jpg

「よい眠りに導く羊の数えうた」はこんな具合に今朝までつづいた。もちろん、私は眠れなかったが、「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きは「よい眠りに導く羊の数えうた」を歌いながら気持ちよさそうに眠っていた。そんな「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きを見ているとすこしだけ幸せな気分だった。幸せな気分だったけれども眠い。
「よい眠りに導く羊」をめぐる日常生活の王権が確立されるのは、世紀末ホテルの夜を超え、村上春樹を東浩紀ヒトラー・ユーゲントとともに屠って2Q20年の冬まで直子さんが揺れる雑木林のクヌギの木に吊るし、ローズマリーとラベンダーをたっぷりきかせた黄金の羊の丸焼きを食べ終えたあとだ。

 紀元前356年。宇宙が地球を中心に周回していた頃、人類史上初の不眠症の男は誕生した。男は頑固な不眠症を退治するためにアリストテレスのもとで森羅万象について学び、ホメロスの希代の妄想叙事詩『イーリアス』を繙き、弱点だらけの英雄アキレスを崇拝した。
 誕生のときから人々を庇護することを宿命づけられた男は20歳にしてマケドニア王となり、10年で世界の大半を征服する。終生愛した名馬ブケファラスでオリエント世界を疾風のごとく駆け抜けた男はヘファイスティオンを心の友とし、ダレイオス3世をイッソスとガウガメラの野に打ち破り、シルクロードの礎を築いてヘレニズムを開花させた。
 男は眠れぬかわりに「よい眠りに導く羊」をめぐる日常生活の王権を初めて確立させ、民族の融合を夢みた。男の名はアレクサンドロス。アレクサンドロスは不眠とバイアイと樽人の友である。唯一にして玉の疵はディオゲネスの日向ぼっこを邪魔したことだ。何者も樽犬のための日輪に立ちはだかってはならない。
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-10-19 05:09 | 黄金の羊 | Trackback

黄金の羊#2 世紀末ホテルの夜

 
c0109850_16333364.jpg

 
 一眼は夜の暗闇を、一眼は空の青を抱く。


 黄昏れゆく麻布十番の雑踏を抜け、暗闇坂をのぼる。暗闇坂右側にある聖フォルトゥナ・トリオンフィ修道院を囲む鈍色の壁に沿って暗闇坂を登りながらラフマニノフの『ヴォカリーズ』を口ずさんでいると、熱を失った涙が次から次へと溢れてくる。涙のわけを探る必要はない。大抵の場合、涙はただ流れるままにしておくのがよい。いつか涸れ、乾くからだ。
 暗闇坂の中腹辺りで暗鬱な気配の類いに呼ばれ、左手のエスタライヒ大使館を一瞥する。掲揚塔の国旗が半旗の状態で風に翻っている。誰が死んだのか? わずかに興味をそそられるが、昼に食した鰻の脂の匂いが鼻先によみがえり、気持ちはみるみる萎えてしまった。モーツァルトのレクイエム第八曲、『涙の日』の旋律にのせて、「Austria Est Imperare Orbi Universo」とだけ唱えた。死者は決して蘇らぬが、なにがしかの慰めを捧げることは生き残った者の責務である。聖フォルトゥナ・トリオンフィ修道院の壁の内側から修道僧たちの厳かな祈りの声が聴こえる。長い夜になりそうだった。

 キリスト教異端史を伝えるディオクレティアヌス紀元2世紀の書、『エフェソス・スミルナ・ペルガモン・ティアティラ・サルディス・フィラデルフィア・ラオディキア・グーゴル・ウィキペディアヌッコ』によれば、千年王国論の特殊性とキリスト再臨の解釈をめぐる議論が「異端」のそもそもの端緒であったとされる。至福の千年ののち、サタンとの最終戦争を経て最後の審判が待っていることについては『サン・セルナンの祈祷書』に詳しいが、いわゆる清教徒革命、第三帝国論のいずれもが「異端」から出発したことは注意しなければならない。さらに言うならば、ナチス・ドイツの思想的基盤にあったものが強固なオカルティズムであることもまた、我々は忘れてはならない。ホロコースト、Uボート、報復兵器第2号(V-2 ROCKET)はナチスが企図したオカルト戦争の延長線上にあったのである。神秘主義の現代的結実はインターネットの基礎的理念は無論のこと、一片のバーコードのうちにも現れている。

c0109850_16422683.jpg

 薔薇十字団本部から『ヴォイニッチ手稿』の解読を依頼したい旨のメールが届いたのは旅装を整えるために聖フォルトゥナ・トリオンフィ修道院から一時帰った翌日の夜明けのことであった。窓外に眼をやれば、富士南嶺から降りてきた霧の一群がいつものように強い憎悪を矢のように放ってくる。
 暗闇坂を登りきると小高い丘に出る。丘一面に群生するラベンダーの紫色の火影が揺れ、風のかたちを教える。丘のとば口に立ち、「そのとき」がくるのを息を潜めて待つ。眼下の古刹から吹き上がってくる生暖かい風に身を任せていると、すべてのことどもは幻影にすぎないことが実感される。広尾の方角に消えうせた太陽の名残りが丘から失われ、夜の帳が降りると同時にコロニアル風の洋館が低い鳴動を発しながらその威容を現す。かくして、世紀末ホテルの夜が始まる。

c0109850_6345247.jpg

「合言葉をお願いいたします」
 紫色の服に身をつつんだベルボーイがラベンダーの香りを吐き出す。
「Fin de Siecle」
「ようこそ、世紀末ホテルへ」
 夜の帳が引き上げられ、エゴン・シーレの彫刻が施された輝く日輪のごとき世紀末ホテルの扉が開かれる。太り肉のコンシエルジュのなつかしい笑顔が迎える。そのコンシエルジュはエゴン・シーレの『シュバルツェン・ゲバント氏の肖像』から抜け出してきた者だ。シュバルツェン・ゲバント氏本人であるという者さえいる。シュバルツェン・ゲバント氏との決定的なちがいは右の瞳が榛色で左の瞳が群青色である点だ。
 コンシエルジュの名はアナスタシウス・ヘテロクロミア=イリディス。家系的に虹彩異色症であることは、その名前から窺い知ることができる。彼のオッドアイにみつめられると、いつも身体が中心から真っ二つに引き裂かれるような感覚に襲われる。
「森鳴さま。お待ち申し上げておりました。村上春樹さまからのおことづてをおあずかりしております」
 二色の光を静かに放ちながらコンシエルジュは恭しくからだを折った。アナスタシウス・ヘテロクロミア=イリディスは一旦言葉を飲み込んでから言った。神託のような荘厳を孕む言葉だった。
「一眼は夜の暗闇を、一眼は空の青を抱く」
 私はすぐに応答した。
「倍音。」
「ようこそ、世紀末ホテルへ」
 アナスタシウス・ヘテロクロミア=イリディスは作り物のような微笑を浮かべてから、鮮やかなヒマラヤン・ブルーのサファイアに縁取られた鍵を差しだした。かくして、世紀末ホテルの夜は始まった。
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-10-18 06:34 | 黄金の羊 | Trackback

黄金の羊#1 黄金の羊の訪問と村上春樹との密会

 
c0109850_6254748.jpg

 
 1818年以来探し求めてきた「黄金の羊」を喰らうにいたる顛末。


 ダイヤモンド入りのおむすびを食べすぎたせいで体調を崩したよい眠りに導く羊が一時的に撤収したのはゆうべのことだ。そして、昼下がり、午後2時ちょうどによい眠りに導く羊と入れ替わるかたちで黄金の羊がやってきた。未の刻参りか。羊が。羊がいなくなってまた別の羊がやってくるとはね。できすぎじゃないか? このままでは『2013年の羊をめぐる冒険』の主人公にされてしまう気がして少しいやだったが、寒い中を帰すわけにもいかないので右頬をややひきつらせながら松浦亜弥クラスの嘘くさい笑いを浮かべて黄金の羊を招き入れた。
 黄金の羊はブルックス・ブラザースの古いロゴマークの入ったずた袋を担いでいた。そのずた袋はMCS値で正確に「6PB 2.5/4」を示すネイビー・ブルーのウールでできていて、かすかにロクシタンのお茶のフレグランスのにおいがした。国際羊毛事務局のタグがとれかかっているのはなんとなくせつなく感じられた。まあ、タグに「中国製」やら「MADE IN CHINA」の文字がないのは救いと言えば救いではあったのだが。
 黄金の羊はジェフリー・ビーンのグレイ・フランネルの1958年物のにおいがした。なぜ黄金の羊のにおいとずた袋のにおいがちがうのかはすぐにわかった。ずた袋の中には年老いた月の羊が入っていたのだ。月の羊と会うのは虹のコヨーテとの長い旅が終わる前の日以来だった。あのときは私も虹のコヨーテも月の羊も若く、血気盛んで、いま思えばどうでもいいようなことや他愛のない問題についてとても神経質に向かい合っていて、無駄な争いと諍いを繰り返していた。
「やあ」と私は月の羊に声をかけた。月の羊は薄目をあけて榛色の瞳で私をじっと見たあと、「またおまいか。毎度毎度、おれの眠りを妨げるんじゃない」と吐き捨てるように言って、再び眠りについた。
「ドリーが1匹、ドリーが2匹、ドリーが3匹・・・」
 黄金の羊が月の羊の耳元で囁きはじめた。それがまるで自分の大事な仕事でもあるみたいにきちんと背筋を伸ばし、正座までして。黄金の羊が4242匹目のドリーを数えおえたとき、電脳羊のドリーがやってきた。やっぱり。うすうす予想してはいたけどね。本当に来ちゃうとはね。そのうち、サイバネティクス・シープやサイバーパンク・シープやサリンジャー・シープや鼠羊や羊男や羊博士もやってくるんだろう。もう、ここまできたら、好きにするがいい。来年はひつじ年だし。え? ちがう? いや、ちがわない。私が使っている暦ではまちがいなく来年はひつじ年だ。このことについては世界観の問題に属することでもあるので議論はしたくない。世界観はひとそれぞれだ。とやかく言われる筋合いはないし、私から言うべきことも言いたいこともない。

c0109850_6272071.jpg

 黄金の羊をポワレしているあいだ、天上からはずっとアーチー・シェップの『In a Sentimental Mood』が聴こえていた。黄金の羊の肉の焼ける匂いを嗅ぎながらアーチー・シェップのゴビ砂漠の中心にある全自動乾燥機のようなテナー・サックスの音を聴いているととても感傷的な気分になった。
 羊の死あるいは死体というのは実に色々なことを考えるきっかけになる。アイロンと蝙蝠傘の倫ならぬ恋のことやセブンナップを1日に1ダース飲むことの意味や炎の中心に立つことでえられるもののことやキャンベルのポタージュ・スープがいかにしてアンディ・ウォーホルを誑しこみ、「大量生産/大量消費/大量廃棄の無限のトリロジー時代」の象徴にまで昇りつめたかについて考えるようになったきっかけは羊たちのさまざまな死であり、思わず胸が締めつけられてしまうような死体だった。

c0109850_6291295.jpg

 私がこれまでに羊の死に立ち会ったのは数えきれないし、羊の死体を解体処理したうえで食べた量は軽く1トンは超えていると思う。そのたびに私はだれも考えつかないような問題について深く考えた。おかげで7回も東京地検公安部の強制捜査を受けることになったり、氷川丸の船長室で金羊毛騎士団のメンバーに拉致監禁されかかったり、佃島のパリ広場で「部屋ひとつに屋根ひとつ」と42000回も言わされたりした。また、村上春樹に脳羊の里親になるように言われたのは、電脳羊ドリーのいとこのテリーが反戦活動家のスタン・ハンセンにアックス・ボンバーを喰らった勢いでエジプトのガレー船(帆船じゃなくて?)の船艙に押し込まれたことが原因で窒息死したのを目撃したときに「アンドレ・ザ・ジャイアントとアレクサンドル・カレリンと雷電為右衛門ではだれが一番強いか?」と考えはじめたときだった。
 村上春樹に頼まれて十二滝村役場の畜産部から引き取った脳羊は私のところに来て3日で死んでしまったうえに、死んだとたんにすごくいやなにおいを放ちはじめたので村上春樹に電話で厳重なる抗議をした。話がちがうと。脳羊と3日いると大脳辺縁系が10年進化すると約束したじゃないかと。脳羊といっしょにクリスマスを迎えれば羊男がクレタとマルタ、208と209の双子の姉妹を2セット詰め合わせにしてプレゼントしてくれると言ったじゃないかと。

c0109850_6295357.jpg

 私が42分間ぶっつづけで抗議の言葉を並べたてると村上春樹はとても恐縮しながら「やあ」とだけ言った。そして、「お詫びに西麻布のJAY'S BAR東京支店で50メートル・プール1杯分のビールと床一面に敷きつめたソルト・ピーナッツをプレゼントするよ。1973年のピンボール・マシン、スリーフリッパーのスペース・シップと万延元年のフットボールのファイナル・チケットもつける」とつけ加えた。
「そんだけ? ビールが25メートル・プールの倍という点だけじゃないか、評価できるのは」
「では、こうしよう。ノルウェイの森を50エーカー、ホテル・ニュートリノをサイダー・ハウスの掟なしで無料で永久使用できるフーディーニ・チケットも進呈する。これでも足りない?」
「もうふた声はいっていただきたいものですな」
「そうは言ってもね、僕もヨーコの手前、そうそう気前よくはできないよ」
「グールドの『ゴルトベルグ・ヴァリエーション』の1955年と1981年のファースト・エディションもつけてもらおうかな。それと林の中で首を吊った直子さんの死体が風に揺られて腐敗していく組写真一式も」
「それはひどいな。あまりにもひどすぎる」
「あなたが殺してきた友人の数と殺害の手口に比べれば僕なんか羊聖人として列聖されたっていいくらいですよ」
「もうミッシェル・ポルナレフを聴いて糞にまみれてメルドーに狂い死にしたくなってきた」
「『1Q84』の手抜きの件をばらされたくなければこちらの要求どおりにするんですな」
「あ。その件はもう羊博士のツブツブ脳味噌の西京漬けで決着がついたはずじゃないか!」
「村上さん、あなたは僕よりひとまわりも年上だし、C.O.D.ではごちそうになってばかりだし、『ALONE AGAIN』のツケを村上さんにまわしてばかりではあるけれども、それとこれとは話が別ですよ。なにしろ脳羊ですからね、相手は。しかも死んでものすごいにおいを発してる。野村沙知代なみの悪臭ですからね。ちょっとやそっとの条件では折り合いがつかないことくらいあなただってよくわかってるでしょう?」
「まあね。そりゃきみの言うとおりだけど」
「では合意形成のプロセスはこれでおしまいということで」
「わかった。ところで、樽くんはきょうはこれからなにか予定でも?」
「特には」
「では元麻布の西町インターナショナルの近くにかなりエキセントリックなレストランがあるんだけど付き合わないか? もちろん、僕のおごりで。マイバッハの送り迎え付きで」
「いいですよ。どうせ、また厄介な相談事があるんでしょう?」
「相変わらず察しがいいな、樽くんは。ひとつだけ頼まれてほしいことがあるんだ、実は」
「くわしいことはお会いしたときに」
「オーケイ」
「で、きょうの合い言葉はなににしますか?」
「勇気。」
「それは先週使ってます」
「あら。そうだっけ? では、倍音。」
「わかりました」
 このようにして私が黄金の羊の訪問を受ける端緒となる村上春樹との世紀末ホテルの夜が始まった。
  
[PR]
by enzo_morinari | 2013-10-17 06:31 | 黄金の羊 | Trackback