カテゴリ:2B OR NOT 2B( 3 )

2B OR NOT 2B#3 鉛筆舞踏/姿の見えぬ物の怪が使う妖かしの術の類について

 
c0109850_3382372.jpg


かつて、「ガミ術」と「コンレイ術」という二つの妖術の類を使う物の怪に3年ほど苛まれつづけた。その物の怪は夜中の2時頃になると現れた。もっとも、「現れる」と言っても姿形が実際に見えるわけではない。視覚的には在らぬが確かにすぐそばに在る。そういうことである。あのような存在態様もまたこの宇宙にはあるということだろう。

エネルギー体だの精神的存在だのというスピリチュアル系の人々がよく言う存在とは異なる。明らかに異なる。その物の怪に聖性などは微塵もないし、かと言って取り立てて邪悪、禍々しいというのでもない。どちらかと言えば皮肉屋の剽軽者という印象だ。小鬼、天邪鬼といった「小者」である。

ときどき、邪気のないいたずらを仕掛けてきた。揶揄うこともあった。随分と皮肉も言われた。いずれもいたずら小僧のレベルだった。だが、連日つづくうちに、こちらはほとほと疲れ果てていく。それが3年もつづいた。

物の怪が現れる前兆は机の上の筆記具(2Bの鉛筆であることが多かった。)がぴょこんと立ち上がることだった。立ち上がったあと、鉛筆乃至はボールペンもしくはシャープペンシルはしばらくスローモーションのように揺れていた。物の怪が鉛筆などに憑依したか、それともなければ、鉛筆どもを操っているというようなことと解される。

揺れる鉛筆の様子は南国の舞踏のようにもみえた。と、おなじく机上の大学ノートが申し合わせてでもいたかのようにゆっくりと開かれる。鉛筆はつつっと大学ノートに近づき、ページの上へとジャンプする。大学ノートは鉛筆の到来を待ちかねてでもいたように嬉々としてページの四隅をぱたぱたさせた。そして、筆記が始まる。まさに自動書記が。その自動書記の内容は同級生が小学校時代に誰それとダブルデートをどこそこでしたとか、誰それが激しい腹痛を起こして救急車で搬送されるとか、誰それが夏休み前に転校するとかいった他愛のないもの。次の試験の問題と解答。給食の白身魚のフライにかけられたタルタルソースが原因で食中毒が起こるといった予知予言めいたもの。

鉛筆舞踏による記述は時間的に過去へと遡る内容もあれば、未来に起こることの「予知」「予言」に類するものもあった。ちがう小学校出身であるダブルデートの当人に「いつどこそこでダブルデートをしただろう?」と言うと、当人たちは腰を抜かすほど驚いていた。また、転校するという記述のあった同級生にそのことを問うと、「転校のことはまだ家族しか知らないのになぜおまえが知っているんだ?」と訝しがられた。ある者が意中の相手にどこそこの公衆電話から告白の電話をしたという記述も、本人に確認したところ、やはりそのとおりだった。試験の問題と解答も全問全解答ではないが記述のとおりだった。救急車による救急搬送も食中毒の件も。

実を言えば吾輩が日々書き連ねているテクストのあらかたは、この「コンレイ術」を用いて出来あがっている。そう。吾輩はいまや物の怪から伝授された妖術、「ガミ術」と「コンレイ術」の使い手になったのだ。コンレイ術が始まる気配なので、「ガミ術」については機会を改める。
 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-07-24 03:39 | 2B OR NOT 2B | Trackback

CAFÉ BLEU

 
BLUE MONDAY No.2814, BLUE NOTE 4163, BLUE 7 DAYS

c0109850_13563242.jpg

すでに2813回も月曜日を迎えているというのに、いまだに月曜日は憂鬱だ。たとえ休日、休暇であってもだ。BLUE MONDAY. 憂鬱な月曜日。BLACK MONDAY一歩手前。暗黒の月曜日まであと半歩。日曜の夕方くらいから気分が滅入るのを「サザエさん症候群」というらしいが、吾輩はもっとはやく、土曜日が終わる頃くらいから気分が落ち込みはじめる。「日曜日が終わればいやな月曜日だ」と考えて。特に月曜日になにかの用事用件厄介事がなくてもだ。

c0109850_5523465.jpg

変になりかけた気分を紛らわすためにドアにはエリック・ドルフィーの『OUT TO LUNCH』のジャケットをぶら下げてOFF-LIMITSにし、『7 DAYS』と題したリストの曲をエンドレスでヘビー・ローテーションさせて聴く。気分がよくなるというほどのことはないが、それでも聴きはじめる前よりは幾分かでもましになる。そんなふうにして2814回目の月曜日、BLUE MONDAY No.2814は終りを告げた。1時間でも1分でも1秒でも早く「最後の月曜日」が来てくれればいいと思うが、残念なことに人生のカレンダーに早送り機能はついていない。それに、月曜日とその他の曜日とのあいだには実は大したちがいなどないことを吾輩はとっくに気づいている。野毛山動物園ですごす水曜日のほかは。野毛山動物園の水曜日は得体の知れない昼めしを喰いすぎて気が変になった者にとっては「死ぬには手頃な日」だ。

c0109850_4495719.jpg
c0109850_4503573.jpg
c0109850_4505413.jpg

【7 DAYS】
7 Days/Craig David
Blue Café/The Style Council
I'll Close My Eyes/Blue Mitchell Quartet
Blue Train/John Coltrane
Kelly Blue/Wynton Kelly
Midnight Blue/Kenny Burrell
MONDAY BLUE/山下達郎
Time will Tell/宇多田ヒカル
Out to Lunch!/Eric Dolphy
The Doo Bop Song/Miles Davis
TUTU/Miles Davis
California Love/2PAC
Shape of My Heart/Sting
The Pirate's Bride/Sting
Ghetto Gospel/2PAC feat. Craig David
Mandjou/Salif Keita
Folon/Salif Keita
Madan/Salif Keita
Autumn in New York/Tal Farlow
Soul Shadows/The Crusaders feat. Bill Withers
Street Life/The Crusaders feat. Randy Crawford
Rise and Fall/Craig David feat. Sting
Time to Party/Craig David




 
[PR]
by enzo_morinari | 2013-01-29 05:00 | 2B OR NOT 2B | Trackback

2B OR NOT 2B #1 柑橘系世界におけるある種の完全性

 吾輩は冬がこわい。恐怖と言ってよろしいと思う。冬将軍のやつに借りたまま返していない一般ピーポー風の件と又三郎の風邪薬をくすねた件もさることながら、毎冬、吾輩はみかんをはじめとする柑橘系どもの食いすぎによる「黄疸症状」を呈するからである。吾輩はふだんは赤鬼のごとくに烈火の炎のごとくに赤い。ホピ族の盲目の長老が吾輩のあまりの赤さに驚いて炎の中心から飛び出したほどだ。浅草芸者の胡徳と豚八でめしを食っていたいとうせいこうなどと来た日にはビビって糸井重里と浅草小学校の教頭に「もう二度と自宅闘争なんかしませんから助けてください」とおかっぱ前髪を振り乱して泣きついた。そのときにいとうせいこうが限りなく透明な「禿毛」に近い「薄毛」であることが露呈したのである。高橋源一郎にいたっては元女房のバカ女、室井佑月こと八戸蕪島子の舌を引っこ抜き、マーズ合衆国大統領の口の中に放り込んで暗殺を謀った。室井佑月が舌足らず脳味噌のしわ足らずなのはそのせいである。
 さて、毎冬みかんをはじめとする柑橘系どもの食いすぎによって「黄疸症状」を呈する吾輩に救世主が現れた。マルセル・プルーストを読んだ物言う猫だ。マルセル・プルーストを読んだ物言う猫はふだんはときどき行方不明、たまに消息不明になるていどのファンキーぶりで周囲を木天蓼の煙りに巻くこととキース・ジャレットのパートタイム愛人をしているほかはいたって普通の女子刑務所の看守である。風にそよぐ斎藤こず恵の三段腹を見上げているときと喫茶室でおだやかな周囲のファム・ファタールどものさんざっぱらな罵詈雑言を聞いているときと100億円分のナメクジに全身を這いずりまわられる自分を想像しているときに「生きててよかった。JAL123便に乗り遅れてよかった」とモフモフするような人物である。マルセル・プルーストを読んだ物言う猫は猫だがついでに人間でもある。その証拠にマルセル・プルーストを読んだ物言う猫には人間の配偶者と人間の子がいる。「だからどうした?」と問われれば、「八百屋の五郎だ」と答えるしかない吾輩なわけではあるが。
 マルセル・プルーストを読んだ物言う猫の周りにはいつもチャイコフスキーの交響曲第6番ロ短調『悲愴』の第四楽章が聴こえている。うらやましい。しかも、指揮はセルジュウ・チェリビダッケでオーケストラは松脂をビチビチ飛ばしまくるチェコフィルである。それだけではない。マルセル・プルーストを読んだ物言う猫のまわりでは実に不思議な出来事が日常茶飯事、加藤TEAの女癖のように頻発する。枕からグレン・グールドの1955年と1981年の『ゴルトベルク変奏曲』が交互に聴こえる。これは毎週月曜日。火曜日はディヌ・リパッティのJ.S. バッハ『パルティータ No.1 in B Flat Major』、水曜日はエリック・ドルフィーの「音は虚空に消えてゆく」というつぶやき、木曜日はアルチュール・グリュミオーのパガニーニ『超絶技巧協奏曲』、金曜日は棟方志功による高橋竹山『津軽三味線ひとり旅』の朗読、土曜日はサント・ドミンゴ・デ・シロス修道院聖歌隊による『グレゴリアン・チャンチキオケサ』、そして日曜日はサマンサ・タバサの『日曜は奥様は魔女はダメよ』が枕に頭をのせているあいだ中聴こえてくるのだ。腰枕にするとビミョーな振動がお役立ちらしい。ほかにもマルセル・プルーストを読んだ物言う猫の不思議な出来事は山ほどある。そのようにも類まれな幸運にめぐまれていながら、マルセル・プルーストを読んだ物言う猫は炬燵でわびしく「ピカピカみかん」の制作に没頭してwktk(和歌山とてもかても気になる樹)する旧財閥日立系の日々を生きる者でもある。侍月の半ばに卑怯にもいきなり飛びかかってきた仕事人中村ル・モンドに組みしかれ、ル・フィガロされ、ヴォーグされ、J.P. サルトルされ、デコンストリュクシオンされ、パロール・エクリチュール・ディスクール・ラングされ、シニフィエ・シニフィアンのバゲットされ、振りまわされ、頭突きをかまされたことを差し引いたとしてもうらやましい。裏山で待ち伏せしてやる。そして、マルセル・プルーストを読んだ物言う猫のこの冬に向けた剥けまくりの会心作がこれだ。

c0109850_2103444.jpg
c0109850_210492.jpg

 総論剥き御鎮座みかん、各論一列縦隊みかんともにすばらしい。ここには柑橘系世界におけるある種の完全性がある。「この猿剝き、ちょっとC1000タケダでしょ?」というエア・キャプションがいかにもマルセル・プルーストを読んだ物言う猫らしく奥ゆかしい。空っとぼけてはいるがなかなかどうしてその言語表現レベルがただごとでないことはお見通しだ。「ふつうのプールでおおおおおおおおおたくさんおよいでみたい」とディスクールする小学校1年生の女の子といい勝負ができると吾輩は思う。弟子が若輩にしてすでにみかんの皮剝きに「起承転結」を取り入れているというのであるから、小学1年生の秋の終り、自然が持つ二面性のうちに時間の経過を読み取った吾輩に通ずるものがあると言わざるをえない。この発見のよろこびは高円寺純情商店街裏手の愛人マンション屋上、ねじめ正一民具屋店主副業脳膜メンマ・カフェで無農薬栽培された紅玉りんごによる苺1a号パフェを見つけて心が躍ったときのF-1, F-2, F-3, F-4同時「ハーイ♪(©シーベルトくん)」心的現象論本論42ページに似ている。オレンジがかったローズピンクの中にほんのりしたチェレンコフ・ブルーかつ低線量被曝の明るさがこもったベクレルの森のラジオアクティブな不思議さとでも言おうか。あるいは、「夕焼け色のジャンバラヤ」とも「早起きジム・ジャームッシュ」とも言いうる。これで、吾輩は「黄疸症状」など少しもこわくなくなった。どんどんじゃかすか柑橘系世界の王として世界を真っ黄色にしてやるのだ。冬よこい。「春よこい」はマットンヤ・ユミーンに任せてある。とにかく、春の前に、その全然前に冬よこい。まかりまちがって春の奴めが先に来ようものなら吾輩はおかどちがいに花粉症について心を痛めなければならない。それはまったくもって困りものだ。こまどり姉妹の右のほう、リリーズのやっぱり右のほう、ザ・ピーナツのポンコツ沢田研二と結婚していたほう、ついでにリットン調査団のつまらないほう(つまり両方)でさえもんどりうってしまう。そして、あさってからついに「ナット・キング・コール・クリスマス」が始まるのだ。

c0109850_2114760.jpg

 
[PR]
by enzo_morinari | 2012-11-30 02:00 | 2B OR NOT 2B | Trackback