カテゴリ:よい眠りに導く羊( 1 )

「よい眠りに導く羊」をめぐる日常生活の王権#1

 
c0109850_157552.jpg

私はこどもの頃から不眠症だ。15時間に一度くらいのペースで50分ほどしか眠れない。そんな私のもとに先週の水曜日の夕方、「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きがやってきた。「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きは42歳。しかも永遠の42歳。42歳なのに見た目は7歳だ。

「ぼくは永遠の42歳だけどが見た目は7歳。見た目は7歳だけどが不思議な力を持った見た目は7歳の42歳です。願いごとがあるなら言いな。いますぐ」
「眠りたい。42時間ぶっとうしで」
「オーケイ。42時間でいいだがな?」
「いや。100年にする」
「オーケイ。100年だがな」
「いや。永遠に」
「オーケイ。永遠に眠らせてやるがだ」

見た目は7歳だけど永遠の42歳で不思議な力を持った「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きはそう言ってリノリウムの床にごろんと横になった。そして、「よい眠りに導く羊の数えうた」を歌いはじめた。

羊が一匹、ヒグマが二匹、火の玉がみっつ、キンタマはふたつ、猫のタマはサザエさんちの飼い猫、『さよなら人類』のタマのランニング・シャツのデブは西荻窪で雑貨を売ったりビミョーなアートをつくったりしてる、『さよなら夏の日』の山下達郎の顔面力は野村沙知代クラス、山下公園のベンチは座り心地がいい、代々木公園のバラはきれい、代々木体育館と千駄ヶ谷の東京体育館なら千駄ヶ谷の東京体育館の勝ち、勝鬨橋の真ん中で毎週水曜日の夕方5時から6時まで『新撰組のうた』を歌っているのはぼくの叔父さん、『新鮮』の記者をやっていた末次安里さんはJAZZ TODAYの編集長になったけどある水曜の午後にJAZZ TODAYは廃刊になりました、水曜の午後の野毛山動物園の海獣のブースでアザラシとオットセイとアシカの区別がつかなくて目をまわした目的語のない女のひとはミツユビナマケモノとマンドリルと三角関数関係、三角貿易で儲けたトアルコト・トラジャさんは午後の最後の芝刈りのバイトを途中で投げ出して死ばかり考えるようになりました ──

「よい眠りに導く羊の数えうた」はこんな具合に今朝までつづいた。もちろん、私は眠れなかったが、「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きは「よい眠りに導く羊の数えうた」を歌いながら気持ちよさそうに眠っていた。そんな「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きを見ているとすこしだけ幸せな気分だった。幸せな気分だったけれども眠い。(「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きがいなくなるまで眠気眼でつづけます)

c0109850_2231178.jpg
Illustrated by nodeq/eric-aceaeこと「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きさん

c0109850_2485246.jpg

「よい眠りに導く羊」を名乗る絵描きさんへのさりげないお願い。
あの「よいねむりに」をこのブログの『「よい眠りに導く羊」をめぐる日常生活の王権』のメイン・ヴィジュアルに使わせていただけると「よい眠り」と出会えそうなんですが…。 もちろん、クレジットは入れさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。眠ります。
 
[PR]
by enzo_morinari | 2012-11-27 15:00 | よい眠りに導く羊 | Trackback