忘れじの言の葉 ── グリムの書き置き

c0109850_17303565.jpg
 
ドナルド・トランプなる品性下劣、品格皆無、知性教養低劣、守銭奴、銭ゲバ、クワセモノフンパンモノマガイモノイカモノインチキマヤカシペテン師の登場によって「物語」はいよいよつまらぬものとなった。したたか極まりもないネオコン一味が可愛く懐かしくさえ思える時代になるということだ。

トランプはキングか? それともジョーカーか? そのいずれでもない。ハイカードすなわちブタだ。ヅラをかぶったブタ。まちがっても空は飛ぶまい。飛ばないブタはただのブタだ。ヨーロッパでも似たり寄ったりのこととなる。つまり、ロスチャイルドとロックフェラーと金融資本と石油メジャーと軍産複合体と既得権益の上にあぐらをかいてふんぞりかえっている守旧派の傀儡、操り人形にすぎぬということだ。

保護主義だあ? 「偉大なアメリカ」だと? これまでの数百年、何億何十億の無辜の民を虐げ、さんざっぱら搾取しつづけておきながらなにをほざきやがるか。虐待と略奪と殺戮の限りを尽くされ、大地を血に染めたネイティヴ・アメリカンは3億人だぞ! 労働者の味方? 雇用の飛躍的な創出? 笑わせやがる。なに喰わぬツラで金融資本/ウォール街の代弁者と山師の親玉を財務長官/商務長官に起用しておいてなにを抜かすか。今後、格差はさらに拡大し、大衆/労働者は目を覆うばかりの惨状に見舞われる。トランプ・タワーの近くを通るときには大きくて頑丈な蝙蝠傘が必要だ。トランプ・タワーから飛び降りるマネー・ゲーマーが土砂降りの雨のように降ってくるからである。

そもそも、ドナルド・トランプ並びにその取り巻きどもが目の色を変え、取り憑かれつづけている「ゼニカネ/通貨/貨幣」など欲深邪まな人間が作り出した幻想にすぎぬ。実体のあるモノと交換できる便利さと置き場所に困らないことのほかにメリットはない。ナサニエル・メイヤー・ロスチャイルド(初代ロスチャイルド男爵)の言とされる「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。さすれば、誰が法律を作ろうとかまわぬ。(Let me issue and control a nation's money and I care not who writes the laws.)」の意味を我々はよくよく考えねばなるまい。

出口も一筋の光も見えず、いつ果てるとも知れぬ第3次世界大戦はとっくの昔に始まっているというのに。問題はこの愚か者たわけ者がアメリカ合衆国における核兵器使用の最終決定権者であり、24時間、その傍らには核兵器発射ボタンがあることである。この銭ゲバ、守銭奴はゼニになるならなんでもやる。こんな愚劣漢卑劣漢に世界の運命を握らせるなどもってのほか、言語道断である。ドナルド・トランプ並びにその取り巻きども、提灯持ちどもに『運命の書』を書かせてはならない。「大衆迎合」がもたらすのは常に独裁、ヒトラー的なるものであることを忘れてはならない。

さて、そこだ。世界の物語は大団円などなく、なしくずしにつまらなくなるが、いい歌が2016年に世に出た。『忘れじの言の葉』。『グリムノーツ』というRPGの主題歌だ。作詞砂守岳央/作曲松岡美弥子(未来古代楽団)。歌唱は沖縄出身の高校生、安次嶺希和子。

幼さ稚さを残しながらも、魂を鷲づかみにされるがごとき透明感あふれる凛烈清洌にして強靭な歌声。濃密なフォークロアとインディオの民俗をうかがわせる旋律。幾千、幾万、幾億の旋律。記号あるいは象徴、ないしは神話。大地とともに生き、呼吸し、大地が死ぬときともに死に、息の根を止めた名もなき赤剥け無垢の人々の息づかいさえ聴きとれる。世界の物語は猿芝居、三文芝居に成り果て、成り下がったが、刻まれし情念は幾千億の英雄物語を紡ぐ。

『グリムノーツ』配信元の SQUARE ENIX/スクウェア・エニックスの紹介文。いわく、「童話の世界を旅する」。

役割を与えられた主役と、空っぽの脚本をもった脇役が紡ぐRPG

僕らは生まれたときに一冊の本を与えられる。僕らの世界、生きる意味、運命。それらすべてが記された『運命の書』。

全智の存在であるストーリーテラーが記述した『運命の書』に従い、僕たちは生まれてから死ぬまで『運命の書』に記された役を演じつづける。それがこの世界の人々の生き方。

── だからさ、教えて欲しいんだ。空白のページしかない『運命の書』を与えられてしまった人間は、いったいどんな運命を演じて生きていけばいいんだ?


忘れじの言の葉

言の葉を紡いで微睡んだ泡沫
旅人迷い込む お伽の深い霧
さしのべた掌 そっと触れる予感
受け止めてこぼれた光の一滴

面影虚ろって微笑んだ幻
想いの果てる場所 まだ遥か遠くて

求め探して彷徨って やがて詠われて
幾千、幾万、幾億の旋律となる
いつか失い奪われて消える運命でも
それは忘れられることなき物語


指先を絡めて触れる誰かの夢
刻まれた思いのこだまだけが響く
言の葉を紡いで微睡んだ泡沫
旅人の名前を伽噺という


求め探して彷徨って やがて道となり
幾千、幾万、幾億の英雄はゆく
いつか失い奪われて消える運命でも
それは忘れられることなくここに在る
求め探して彷徨って やがて詠われて
幾千、幾万、幾億の旋律となる

いつか失い奪われて消える運命でも
それは忘れられることなき物語

 

[PR]
by enzo_morinari | 2017-01-03 05:39 | 沈黙ノート | Trackback
トラックバックURL : http://enzogarden.exblog.jp/tb/26287708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 発狂する国家 ── 未公開スノ... こちら放射能放送局。放送やめな... >>