マヌエル・ポンセの『エストレリータ/小さな星』を聴いて、もう1度だけ人生に恋をしよう。

 
マヌエル・ポンセの『エストレリータ/小さな星』を聴いて、もう1度だけ人生に恋をしよう。

そうだ。もう1度だけ人生に恋をしよう。もう1度だけ。まだ遅くはない。まだ間に合う。


Estrellita de lejano cielo,
que sabes mi penar,
que miras mi sufrir.

Baja y dime
si me quiere un poco,
porque es que ya no puedo sin su amor vivir.

¡Tu eres estrella mi faro de amor!
mi faro de amor
Bien sabes que pronto he de morir
he de morir.

Baja y dime
si me quiere un poco,
porque es que ya no puedo sin su amor vivir.


わたしの苦しみを知っている
遠い空に光る小さな星
もし彼がわたしを少しでも愛しているなら
降りてきて彼の思いを教えて
わたしは彼がいなくては生きていけないから

小さな星よ あなたはわたしの愛の灯台
あなたはわたしが死にそうだってわかるでしょう?
小さな星よ おねがい
もし彼がわたしを少しでも愛しているなら
降りてきて彼の思いを教えて
彼の愛なしには生きていけないから
 


『エストレリータ(Estrellita)/小さな星』
メキシコの作曲家マヌエル・マリア・ポンセ作詞・作曲の歌曲。1912年作。「Estrellita」はスペイン語で「小さな星」の意。本来は歌曲だが、今日ではピアノ、ヴァイオリン、サキソフォン、ギターなどによる器楽曲として演奏されることが多い。20世紀屈指の名ヴァイオリニストの一人、ヤッシャ・ハイフェッツ(Jascha Heifetz/1901-1987)による編曲と演奏で世界に知られるようになった。

マヌエル・マリア・ポンセ(Manuel Maria Ponce/1882-1948)
近代フランス音楽の影響を受け、メキシコ民族主義に根ざした作風を確立。アンドレス・セゴビアと親交が深く、『ギター・ソナタ第3番』『南国のソナチネ』などのギター作品を数多く残している。

代表作
『エストレリータ』(歌曲)
『ギター・ソナタ 第3番』
『ロマンティックなソナタ』
『真昼のソナチネ』
『南国の協奏曲』(ギター協奏曲)


エストレリータ(Estrellita)/小さな星
 
[PR]
by enzo_morinari | 2015-11-17 12:25 | 沈黙ノート | Trackback
トラックバックURL : http://enzogarden.exblog.jp/tb/24949011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< こちら放射能放送局。放送やめな... デカメロン世界とエプタメロン世... >>